ポケモンGOに便利かも!眼鏡装着型ウェアラブルディスプレイ「Vufine」国内正式販売開始

LINEで送る
Pocket

vufine1
VUFINE.INCは、日本国内において、スマートフォンやタブレット、GoProやドローンといったカメラと連動させる眼鏡装着型ウェアラブルディスプレイ「Vufine」の正式販売を開始した。価格は2万5800円(税込)。「ポケモンGO」や「Ingress」などのARゲームも、スマートフォンの画面を確かめることなく、安全に楽しめるようになる。

 
「Vufine」は、クラウドファンディングサービス「KICKSTARTER」にて、わずか5日間で目標額の5万ドル、最終的には24万ドル超を達成した、シンプルで簡単に使える高性能なウェアラブルディスプレイだ。VUFINE.INCは、「既存のデバイスは不要な機能を盛り込みすぎて、複雑で高価になりユーザの利便性が失われている」という思いのもと、シリコンバレーで起業した。これまで自社サイトのみで、USドル決済によって米国から全世界配送を行ってきたが、日本において並行輸入品を直輸入として高額で販売している事例が散見されたため、予定を早めて、日本円で決済できる日本での正規販売窓口をオープンするに至ったとしている。

 
vufine2
「Vufine」は、シンプルで実用的なmicro HDMIで他のデバイスと接続する高解像度ディスプレイにあたるガジェットだ。機能をシンプルにすることにより、複雑で高価な製品ではなく、手に入れやすく使いやすい製品を目指し開発された。720pのHDMIに対応したデバイスであれば、スマートフォンやタブレット、GoProやドローンなど様々な製品に接続し、その映像を目の前で見られる。テキストを読んだりビデオを見たりする目的に十分な性能を発揮し、カンファレンスやランニング、精密機器の仕様書や料理中に見るレシピなど、その多様性も魅力だ。

 
「ポケモンGO」や「Ingress」をはじめとするスマートフォン向けARゲームでは、そのブームの反面、いわゆる「歩きスマホ」も問題視されているが、本製品を使えばスマートフォン本体に目を向けることなく画面の確認が可能。工夫次第でさまざまな利用法がありそうだ。

 
●Vufine(ビューファイン)
・価格:2万5800円(税込)
・サイズ:96×20×14mm
・重さ:26g
・バッテリー持続時間:約90分
・ディスプレイタイプ:LCOS qHD 960×540
・バーチャルスクリーン:眼から約30センチの位置に4インチスクリーン相当
・輝度:220 cd/m2
・コントラスト比:150:1
・リフレッシュレート:60Hz
・保証:保証期間90日間+日本人担当者によるサポート

 
●関連リンク
Vufine(ビューファイン)販売ページ(Amazon.co.jp)
VUFINE ウェブサイト

LINEで送る
Pocket