モノビット、CEDEC 2016で「クラウドVR開発者会議」を開催 技術と開発課題を共有

LINEで送る
Pocket

monobit_logo
モノビットは、8月24日~26日にパシフィコ横浜にて開催される「CEDEC 2016」において、CTO中嶋謙互氏による「第1回クラウドVR開発者会議 @ CEDEC 2016」を開催すると発表した。モノビットブースでは、同会議の賛同者向けグッズが用意されるほか、VR体験デモコーナーや最新モノビットエンジン「Monobit Unity Networking」の体験コーナーも設置される。

 
モノビットとパートナー企業が発起人となり、世界で最初となる 「クラウドVR開発者会議」がスタートする。「クラウドVR」とは、クラウドを用いた通信を活用したVRアプリのための新しいカテゴリで、マルチプレイゲームや、複数人によるリアルタイム共同作業を行うもの、音声や映像の共同視聴アプリなどを含む。

 
クラウドVRを実現するためには、通信遅延やスループットなどの点にとどまらず、既存のオンラインゲーム開発の技術では足りないことがわかってきた。そこで、このセッションでは、クラウドVRで今後必要となる低遅延・広帯域通信技術の概要と、具体的な開発課題の共有を行う。また、クラウドVRにおけるモノビットのビジョンを紹介し、現在のモノビットの製品や技術の位置付けを、共同で製品開発しているパートナー企業とともに紹介する。

 
同会議に参加するモノビットCTOの中嶋謙互氏と、代表取締役社長の本城嘉太郎氏からメッセージも届いているので以下に紹介する。

 
●モノビット CTO 中嶋謙互氏 メッセージ
人間同士のリアルタイムコミュニケーションは、VR の利用方法のなかでも最もインパクトが大きいものです。現在はまだ、解像度の高いVR空間を満足な速度で描画するだけで精一杯という状況ですが、すぐ近い将来に、いかにそれをリアルタイム共有するか、という課題が開発者の主要な悩みになります。いかに遅れず、いかに人数を増やしていくか。開発や運用のコスト、安全性も心配です。このとき、クラウド上にある計算機や通信の資源をいかに活用するかが鍵になります。それを総合したものが、クラウドVRという概念です。

 
モノビットでは、クラウドVRのための研究開発をすでに始めており、いくつかのプロジェクトでは、クラウドのインフラを持っている企業とも共同作業を行っており、具体的な成果が出ています。モノビットでは、こうした成果をVRアプリケーション開発者の皆様と共有し、互いにフィードバックをしあうことで、さらにVRをおもしろくしていきたいと考えています。

 
今回は「第1回」ですが、クラウドVRの探求は、まだまだ続きます。成果の共有やフィードバックは、定期的に続けていくことになります。本セッションで説明する概念は、技術者に限らず企画者や経営者でも理解可能です。VRの次の主な課題であるクラウド活用について、興味がある方のご参加をお待ちしています。

 
●モノビット 代表取締役社長 本城嘉太郎氏 メッセージ
モノビットでは、昨年からさまざまなVRコンテンツの開発に取り組んできました。そのなかで気づいたのは、VR空間内での多人数コミュニケーション体験がもたらす感動と、その可能性の幅広さです。

 
MMORPG黎明期から僕らが夢見てきた、仮想空間内で生活できればいいのに……という願望を叶える使い道もあれば、遠隔地の人々が同じ空間で共同作業をするなど、ビジネスや産業にも大きなインパクトを与える可能性があります。そういったコンテンツを支える未来のネットワークインフラや通信プロトコルについて、みなさんと意見交換できればと思っています。

 
●CEDEC 2016
・開催日:8月24日~26日
・受講申込期間:7月1日~8月17日
・会場:パシフィコ横浜 会議センター
・主催:コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
・共催:日経BP社
・後援:
 - 経済産業省
 - 横浜市
 - 情報処理学会
 - 人工知能学会
 - ソフトウェアテスト技術振興協会(ASTER)
 - 日本バーチャルリアリティ学会
・協賛:
 - Cygames(プラチナスポンサー)
 - エピック・ゲームズ・ジャパン(ゴールドスポンサー)
 - 任天堂(シルバースポンサー)

 
●関連リンク
モノビット ウェブサイト
モノビットVR ウェブサイト
モノビットエンジン ウェブサイト
CEDEC 2016 公式サイト

LINEで送る
Pocket