3時間超の360度映像を撮るには!? 8/3、「ポストモーテムVR #01」でノウハウを学ぼう

LINEで送る
Pocket

cover
ここ数年で、さまざまなジャンルでの活用が一気に進んだVRヘッドマウントディスプレーの世界。しかし、発展途上な分野だけあって、多くのクリエイターやプランナーがいまだ手探りで挑んでいる部分も大きいです。

 
2014年11月にスタートし、昨今のVRムーブメントを初期からレポートしてきたVR・パノラマ系メディア「PANORA」では、そんなVR業界のコンテンツの質を引き上げるために、毎月1回の連続セミナー「ポストモーテムVR」を企画しました。

 
第1回目の申し込みはこちら → ポストモーテムVR #01 VRに適した360度映像を撮るには

 
毎回1ジャンルを設けて、各分野で活躍する人材に過去のプロジェクトを振り返ってもらい、どういった過程で成功できたのか、どこが反省すべき点なのかをシェアしてもらい、よりよいVRコンテンツづくりの糧にしてもらうのが目的です。

 
第1回のテーマは、360度撮影をピックアップ。1人目は、VRベンチャーのリ・インベンション社とVOOR(ブール)プロジェクトを推進しているポリゴンマジックの川端基夫様にご登壇いただきます。スマホ視聴アプリ「VOOR」をリリースし、人気バンドや声優ユニットなどのVR商品化を手掛けてきた同プロジェクト。そこで習得したのは、3時間超の撮影テクニック、アプリの運営、ビューワーの製造、カスタマーサービスなど多岐に渡るとのこと。その辺りのトータルソリューションとしてのVRサービス提供の事例に関し語っていただきます。

 
2人目としては、僭越ながらPANORAより広田が登壇させていただきます。PANORAでは360度撮影も事業として展開しており、結婚式場向けの下見用VRコンテンツも制作しております。その撮影の過程で気づいた、ウェブブラウザー向けとVRヘッドマウントディスプレー向けで変わってくる360度撮影の撮り方について情報をシェアしていければと思います。

 
これから360度撮影を事業の視野に入れていたり、実際に手がけ始めた方々はぜひともご参加ください。

 
●開催概要
日時:8月3日(水) 19:00〜21:00(18:30開場)
会場:TECH LAB PAAK
チケット:一般・学生 3000円、TEC LAB PAAK会員:2000円
協賛:TECH LAB PAAK
機材協力:G-Tune
主催:PANORA

 
●出演
「ライブ撮影で生きる VOOR(ブール)プロジェクト 3時間超の360度撮影」
・ポリゴンマジック株式会社 LobbyStudio 映像舞台事業 統括プロデューサー 川端基夫様

 
「結婚式VR撮影で学んだ、HMD向き映像の撮影・編集方法」
・株式会社パノラプロ 代表取締役 広田

 
 
●関連リンク
ポストモーテムVR #01 VRに適した360度映像を撮るには

LINEで送る
Pocket