Googleが360度動画撮影のコツを伝授!「近すぎ」「傾いてる」失敗あるあるをユーモアな映像で

LINEで送る
Pocket

youtube_creator_academy
Googleは、YouTubeの動画投稿者向け「YouTube クリエイター アカデミー」にて、360度動画撮影のコツを動画で紹介する「How NOT to shoot in 360°」を公開した。

 
動画はユーモラスに「360度動画撮影失敗あるある」を紹介しながら、シチュエーションに応じた360度動画撮影のコツを伝える内容となっている。撮影時は良かれと思っても、視聴時に不快な動画となってしまう「あるある」を例に挙げて紹介。主な「失敗あるある」の例は以下の通り。

 
・ステッチラインに近寄って映像が乱れる
・動きながら撮影して3D酔いに
・カメラに近付きすぎてなんだか不快
・カメラを傾けて撮影してしまう
・カメラを手持ちで撮影すると視聴者が小人状態
・場面転換が早すぎてよくわからなくなる
・食事の席でテーブルの真ん中にカメラを置く(やはり小人状態)

 
尚、動画はYouTubeの360度動画視聴に対応しているので、Google CardboardをはじめとするVRゴーグルで視聴可能だ。環境が整っている人は、ぜひVRゴーグルで視聴してみよう。

 

 
「固定する」「近付きすぎない」「目線の高さに設置する」「傾けない」といった簡単なことを実践するだけで、より美しく360度動画が撮影できそうだ。360度動画を撮影する人は、今回紹介されたコツを参考に、より気持ち良く視聴できる映像制作に挑戦してみてはいかがだろうか。

LINEで送る
Pocket