CEDEC 2016、全セッション確定&ライブ配信スケジュール発表 ニコ生とYouTubeで多数講演を網羅

LINEで送る
Pocket

cedec2016logo
コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、8月24日~26日にパシフィコ横浜にて開催される「CEDEC 2016」の全210セッションが確定したと発表し、公式サイトに公開した。あわせて、一部セッションにおいて実施されるニコニコ生放送およびYouTube Liveにおけるライブ配信スケジュールが決定した。

 
「CEDEC 2016」の会場に足を運べない遠隔地の開発者の要望に応え、セッションの一部をニコニコ生放送、YouTube Liveでインターネットによるライブ配信を行う。ニコニコ生放送ではエンタテインメント性の高いコンテンツの開発者によるセッション、YouTube Liveではより技術面を中心としたセッションが多い傾向となっている。同時刻に配信されるため、見ておきたいセッションはあらかじめ放送時間をチェックしておこう。YouTube Liveの1日目(24日)と、ニコニコ生放送の2日目(25日)に、特にVR関連のセッションが集中している点にも注目だ。「VR NOW!」をはじめとするVR関連セッションについては、ぜひこちらの記事のまとめも参照してほしい。

 
また、事前に設定されたテーマに沿った企画コンセプトをA4用紙1枚(ペラ)にまとめて競う「コンセプトシートコンテスト」、CEDEC CHALLENGE「PERACON2016 ~ガチバトル、カムバック!~」のテーマも発表された。今年のテーマは、連日の熱戦が報じられている「リオ・デ・ジャネイロ オリンピック」にちなみ、5大陸に見立てられたシンボルマークを構成する「輪=リング」。参加資格は、CEDECチケット所有者で、応募締め切りは、会場受付が会期初日の24日19時、オンライン応募は24日22時となっている。作品閲覧サイトからはウェブ投票で、面白い企画を応援することも可能とのこと。

 
●CEDEC 2016 ニコニコ生放送 スケジュール
【24日】
[9:45~11:05]
・基調講演「画像を調理する:面白く、役に立ち、ストーリーのある研究開発のすすめ」
 金出武雄(カーネギーメロン大学)

 
[11:20~12:20]
・スマホゲームにおけるゲーム性と物語性の“運用で摩耗しない”基礎設計手法~チェインクロニクル3年の運用と開発の事例を交えて~
 松永純(セガ・インタラクティブ)
・ビルドエンジニアを「専任」でやってみた ~「動けばいいや」は許しません!~
 篠崎旭(バンダイナムコスタジオ)

 
[13:30~14:30]
・アナログゲームが熱いって本当?~メカニクスデザインの最前線~
 遠藤雅伸(東京工芸大学)ほか
・多文化のテクニカルアーティストチームの力の発揮の仕方
 岩渕栄太郎(スクウェア・エニックス)

 
[14:50~15:50]
・人がゲームにハマる心理 ~行動経済学とソーシャルゲーム~
 橋本之克(アサツーディ・ケイ)
・技術から語る「龍が如く」の10年 ~今世代で何が変わるのか~
 厚孝(セガゲームス)ほか

 
[16:30~17:30]
・ゲームのための色彩工学
 内村創(Polyphony Digital Inc.)

 
[17:50~18:50]
・視覚だけじゃない これからのVRシステム
 鳴海拓志(東京大学)ほか
・WWE 2Kシリーズにおける動的キャラクターアニメーションへの取り組み
 上野浩樹(ユークス/YUKE’S LA Inc.)

 
【25日】
[10:00~11:00]
・【VR Now! 特別パネルディスカッション】VR最前線「VRビジネスの現在と未来」
 新清士(ジャーナリスト、Tokyo VR Startups)ほか

 
[10:00~12:20]
・スカルプトマイスター2016
 谷本裕馬(Cygames)ほか

 
[13:30~14:30]
・「バイオハザード7 レジデント イービル」におけるVR完全対応までのみちのり、歩みの中の気づき
 高原和啓(カプコン)
・世界で戦うソフトウェアエンジニア~アカデミー賞受賞ツールMARIの開発現場から~
 中垣清介(The Foundry)ほか

 
[14:50~15:50]
・VRはどこから来て、どこへ行くか
 岩田洋夫(筑波大学)
・スマホゲーム分析の一歩先へ~ユーザー行動ログとユーザーの感情を結びつける新しい分析手法~
 片瀬大(ディー・エヌ・エー)

 
[16:30~17:30]
・アメリカで学んだ分析の効率化(Tableau)とゲームを深く分析する手法
 古森泰(GREE International Inc)

 
[17:50~18:50]
・CEDEC AWARDS 2016

 
【26日】
[10:00~11:00]
・ゲームの未来
 襟川陽一(コーエーテクモホールディングス)
・FINAL FANTASY XVはノードでできている ノードベースのビジュアルスクリプトを用いたレベル・UI開発事例の紹介
 長谷川勇(スクウェア・エニックス)ほか

 
[11:20~12:20]
・何故クックパッドのサービス開発の進化は止まらないのか
 庄司嘉織(クックパッド)
・FINAL FANTASY XV におけるレベルメタAI制御システム
 上段達弘(スクウェア・エニックス)

 
[13:30~14:50]
・基調講演「ドラゴンクエストへの道 ~ドラゴンクエスト30周年を迎えて~」
 堀井雄二(ゲームデザイナー)、齊藤陽介(スクウェア・エニックス)

 
[15:10~16:10]
・AAAタイトル開発における最適化 FINAL FANTASY XV実例紹介
 佐藤達磨(スクウェア・エニックス)ほか
・BIOHAZARD 7 – PHOTOGRAMMETRY –
 黒籔裕也(カプコン)ほか

 
[16:30~17:30]
・FINAL FANTASY XVの開発を支えるバックエンド ~アセットビルドシステムの仕組みと、ゲームプレイログの収集・可視化の取り組み~
 南野真太郎(スクウェア・エニックス)ほか
・Street Fighter V Art Direction
 亀井敏征(カプコン)

 
[17:50~18:50]
・FINAL FANTASY XV – CHARACTER&ENVIRONMENT WORKFLOW
 佐々木啓光(スクウェア・エニックス)ほか
・モバイル最適化!~モンスターハンター エクスプロアの場合~
 井上真一(カプコン)ほか

 
●CEDEC 2016 YouTube Live スケジュール
【24日】
[11:20~12:20]
・PlayStation VRがつくりだすVRの未来
 吉田修平(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

 
[13:30~14:30]
・PlayStation VR向けコンテンツに対するConsultation Serviceの取り組み
 大貫善数(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
・Catch Up Stingray!~Stingrayを使ってゲームを開発した話~
 野澤 徹也(GUNCY’S)、上原達也(フリーランス)

 
[14:50~15:50]
・VR体験向上チャレンジ!:VRの体験を上げるためのテクニックとチャレンジ
 秋山賢成(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
・Autodesk 3D & VR テクニカルセッション~モデリングしないでVRを作ってみよう!~
 築島智之、長谷川真也(オートデスク)
・OPTPiX SpriteStudio ~超汎用2Dアニメーションツールは「エフェクト」機能を得て?
 池田正智 (池田ピロウ)、 浅井維新(ウェブテクノロジ・コム)

 
[16:30~17:30]
・ノンゲームコンテンツ Making:PlayStation VRノンゲームコンテンツの制作事例
 秋山賢成(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
・ネットワークエンジンの現在・過去・未来 ~Photonもあるよ!~
 並木健太郎(GMOクラウド)、 秋山徹(スクウェア・エニックス)、小野憲史(ゲームジャーナリスト)

 
[17:50~18:20]
・第1回 クラウドVR開発者会議 @ CEDEC 2016
 中嶋謙互、本城嘉太郎(モノビット)

 
【25日】
[11:20~12:20]
・Unity最新機能紹介と今後のロードマップ
 大前広樹(ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン)
・「俺の嫁」、人工無能やめるってよ。
 髙橋敬祐(NTTPCコミュニケーションズ)

 
[13:30~14:30]
・IBM ワトソン API プログラミング入門 on SoftLayer & Bluemix
 高良真穂(日本アイ・ビー・エム)
・横スクロールARPG「追憶の青」における2Dキャラクターアニメーション~2Dアニメの注意点とテクニック~
 清田徹(グリー)

 
[14:50~15:50]
・UE4 VRのロードマップ
 Joe Conley(Epic Games)

 
[16:30~17:30]
・Unreal Engine 4のレンダリングフロー総おさらい
 篠山範明(Epic Games Japan)
・未体験の感動、手のひらから~スマホゲームに新たな感動・驚きを与える触覚ミドルウェア~
 家室証、櫻井敦史(CRI・ミドルウェア)

 
【26日】
[11:20~12:20]
・ソフトウェアは品質からセキュリティへ
 佐藤大樹(日本シノプシス)

 
[15:10~16:10]
・女子高生AI からロボティクス、Unity、データ分析まで用途を広げ、世界中にサービスを提供する圧倒的なMSクラウドの実力
 井上大輔、藤本浩介(日本マイクロソフト)
・MySQL Clusterに適したマッチョなクラウド SoftLayer
 畑大作、高良真穂(日本アイ・ビー・エム)、杉山真也(日本オラクル)、波多野信広(インフィニットループ)

 
[16:30~17:30]
・VRコンテンツのテストについて~テスト会社が考えるVRの品質とは~
 勇崎孝太(SHIFT)
・Houdini for Tech Artists
 多喜建一、Luiz Kruel(Side Effects Software Inc.)

 
●関連リンク
CEDEC 2016 全セッション
CEDEC CHALLENGE「PERACON2016」
CEDEC 2016 ライブ配信
CEDEC 2016 公式サイト

LINEで送る
Pocket