Adobe「PS VRの発売がVR普及の弾みになる」ブログに自社の分析結果記事を掲載

LINEで送る
Pocket

adobe_gameingreport2016_1
Adobeは、Adobe Marketing Cloud Japan Blogにて、米CMO.com記事の抄訳版となる記事「Adobe Digital Insights:マーケターは今こそVRゲームに関心を向けるべき」を公開した。記事では「PC購入のコスト問題がVR/AR普及の妨げとなっている一方、PS VRの発売がVR普及の弾みになる」と独自の予測を掲載している。

 
adobe_gameingreport2016_2
Adobe Digital Insights(ADI)の分析によると、米国のゲーム機とゲーム用PCの2016年の販売額は253億ドルに達する見込みで、マーケターにとってチャンスが高まっているという。ADIの「2016 Gaming Report」では、2016年第1四半期のオンライン売上は対前年同期で42%増と成長し、オンライン販売はゲームの売上全体を牽引する主要因となっている。また、ゲーム機の購入はホリデーシーズン中に急上昇しており、季節性との関連が示された。

 
adobe_gameingreport2016_3
ゲーム業界におけるVRおよびARも分析し、ゲーマーの間でその関心が高まり続けていることが判明。デバイス別ではHTC Viveの存在感が最も大きく、各種SMSでも話題を集めている。ADIのマネージングアナリストであるBecky Tasker氏は「ソーシャルメディアではゲームに関するVR/ARデバイスに関連の投稿が増加している一方で、マーケターからのVR/ARデバイスに対する注目はまだこれから。競争が激化する前の今こそが、VR/AR技術を試し、理解するベストタイミング。ゲームコミュニティにはマーケティングに流用できるVR/ARに関する数多くの事例がある」と述べている。

 
adobe_gameingreport2016_4
分析では、VRおよびARデバイス対応のPC購入に関するコストが、VR/AR技術の主流化を妨げる原因になっているという。しかし、PlayStation VRの発売がVR普及の弾みになると予測する。また、SMSでの投稿を基準に見た場合、VRおよびARの人気は実際に高まっていると言え、VR/ARデバイスに関する投稿は、2015年1月から548%増加している。

 
同記事では、このほかに、ゲームのオープンベータ版の公開によるゲーマーと開発者の双方の有益性などにも触れられ「ベータ版公開は有益なフィードバックを得られるほか、製品やサービスの発売やキャンペーンが顧客に受け入れられるか確かめる非常に効果的な手法」とBecky Tasker氏はコメントしている。記事のより詳細な内容はリンク先や記事原文などを参照してほしい。

 
●関連リンク
Adobe Marketing Cloud Japan Blog「Adobe Digital Insights:マーケターは今こそVRゲームに関心を向けるべき」
CMO.com 原文ページ

LINEで送る
Pocket