Amazon、Twitchと連携容易でVR対応なゲームエンジン 「Lumberyard」を日本初公開【CEDEC】

LINEで送る
Pocket

20160825_171757

 
CEDEC2016では、開発ツールも多く展示されているが、今年はAmazonが参戦した。

 
「Amazonってゲーム売るだけでしょ?」と疑問を抱く人も多いかもしれないが、同社はクラウドコンピューティングの大手でもあり、ゲーム開発者向けにAmazon Webサービスを拡販しているほか、ゲーム向けのマルチプレイサーバーの「GameLift」も提供している。また、ゲーム実況プラットフォームの「Twitch」もAmazonの子会社だ。さらには、Kindle向けのモバイルゲーム開発スタジオも所有しており、近年では「Enter The Matrix」、「キラーインスティンクト(2013)」、「ストライダー飛竜(2014)」などで知られるハイエンドゲームの開発会社であるDouble Helixを傘下に納めている。

 
P1050709

タイトルにもあるLumberyardは、そのDouble HelixがCRYENGINEをベースに培った技術と、Amazon Webサービス・Twitchを統合した新ゲームエンジンで、今回のCEDEC2016で日本初公開された。対応プラットフォームはWindows、PlayStation 4、Xbox One、Android、iOSで、OS XとLinuxは対応予定だ。

 
GameLiftやTwitchとのインテグレートが大きな特徴だが、特にTwitchでは特定のメッセージを送るとゲームに反映されたり、観覧中のゲームに参加できる機能も搭載している。VRゴーグルにも対応しており、現時点ではOculus RiftとHTC Viveをサポート。将来的には他のVRヘッドセットにも対応可能としている。

 
P1050710
GDCでも公開されていたイギリスのゲームスタジオ「Climax Studios」開発のデモを出展。同社はGear VRでもタイトルを開発している。

 
ロイヤリティフリーなのも特徴で、オフラインコンテンツであれば無料、オンラインコンテンツはゲームに組み込んで使用するAmazon Webサービスの使用料を支払う形となる。なお、他社のクラウドサーバの使用は禁止されている(自社所有のサーバはOK)。ソースコードも公開されているので機能追加や改良も可能だ。

 
日本語のドキュメントも整備されつつあり、VRゲームエンジンの第3の選択肢になりそうだ。今後のアップデートに注目したい。

 
20160825_173215
ブース来場者にはAmazonギフトカードのプレゼント抽選も。

 
(TEXT by Shogo Iwai)

 
 
●関連リンク
Amazon Webサービス
Lumberyard by Amazon
Double Helix Games
Climax Studios

LINEで送る
Pocket