FOVE、TGS2016出展内容の詳細を発表 最先端視線追跡技術を活用した3タイトルを試遊出展

LINEで送る
Pocket

fove_tgs2016_1
米FOVEは、9月15日~18日に幕張メッセにて開催される「東京ゲームショウ2016」参加・出展に関する詳細と発表した。VRゴーグル「FOVE」の最新情報や視線追跡技術に関するプレゼンテーションのほか、プロトタイプの実機を用いたゲームタイトルのプレイアブル出展など、さまざまな展示が行われる予定だ。

 
fove_tgs2016_2
●FOVE デペロッパーズキット版 ニューカラーバリエーション展示
実際にデモプレイが可能なプロトタイプの展示以外に、デベロッパーズキット版も展示される。先日発表されたホワイトカラーバージョンに加えて、今回初展示となるブラックカラーバージョンが用意される予定となっている。

 
●プレイアブル出展 3タイトル紹介
視線追跡、瞬き認識などの機能が搭載された3つの新規デモゲームを展示予定。プロトタイプ機を用いて、各タイトルを体験できる。

 
fove_tgs2016_3
Project Falcon(プロジェクトファルコン)
視線追跡を利用したFPS(一人称視点シューティングゲーム)。視線追跡技術を用いることで、見るだけで素早く敵をロックオンするなど、直感的な操作を実現。視線追跡技術の使用具体例として出展される。

 
fove_tgs2016_4
Judgement(ジャッジメント)
脱出系ゲーム。表示される選択肢を意識的に選ぶこれまでの脱出系ゲームとは異なり、プレイ中に注目した「モノ」や「場所」によってストーリーが自然に分岐する。監禁された状態からスタートし、さまざまな尋問をくぐり抜け、どのようなエンディングに辿り着くかはプレイヤーの行動次第だ。視線追跡技術を用いた新しいコンテンツ例として出展される。

 
fove_tgs2016_5
Functions(ファンクションズ)
ミニゲーム集。目の動きによるキャラクター操作や、目の開閉による演出変化など、最先端視線追跡技術を活用している。目の開閉や注視など、動作による操作および演出変化の具体例として出展される。

 
●東京ゲームショウ2016
・開催日時:
 - ビジネスデイ 9月15日・16日 10:00~17:00(入場は16:00まで)
 - 一般公開 9月17日・18日 10:00~17:00(入場は16:00まで)
・会場:幕張メッセ
 (千葉県千葉市美浜区中瀬2−1)
・チケット(一般公開):一般前売1000円/当日1200円/小学生以下無料
・主催:コンピュータエンターテインメント協会(CESA)、日経BP社
・FOVEブース:9-W08

 
●関連リンク
FOVE ウェブサイト
東京ゲームショウ2016 公式サイト