クアルコムがVR参入 一体型VRゴーグル「Snapdragon VR820」のリファレンスを発表

LINEで送る
Pocket

VR820

クアルコムはドイツ時間の1日、ベルリンにて2日から開催される家電見本市「IFA 2016」に合わせて、一体型VRゴーグルのリファレンスプラットフォームとなる「Snapdragon VR820」を発表した。

 
中国企業のGoertekをパートナーに制作。CPUには「Snapdragon 820」、GPUには「Adreno 530」と同社製品を採用し、OEMを委託することでVRゴーグルの素早い開発が可能になるという。リファレンスは2016年の第4四半期に登場予定で、他社からの商用デバイスはその後の登場となる。プラットフォームはSnapdragon VR SDKに基づく。

 
解像度は片目で1440×1440ドット、70Hzでの表示が可能な有機ELパネルを採用。6DOF/800Hzによる頭部のモーショントラッキングを実現し、動作から画面描画に至る時間(motion to photon)の遅延は18ms秒以下とのこと。2基のカメラによる視線追跡や、4つのマイクを利用したノイズキャンセルなどにも対応する。

 
一体型VRゴーグルでは、8月にインテルが「Project Alloy」を発表している(関連記事

 
 
●関連リンク
ニュースリリース
Qualcomm

LINEで送る
Pocket