失った手足が痛む難治性「幻肢痛」はVRで軽減できる 東大医学部付属病院らの研究グループが実証

LINEで送る
Pocket

todai_genshi1
東京大学医学部附属病院緩和ケア診療部の住谷昌彦准教授らの研究グループは、手足などの切断や神経障害の後に存在しないはずの手足「幻肢」で感じる難治性の痛み「幻肢痛」について、VR技術を用いて幻肢を自分の意思で動かしているような錯覚を繰り返すことによって、痛みが和らぐ研究結果を発表した。

 
今回の成果は、文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究「構成論的発達科学」の助成を受け実施され、日本時間の7月5日に「European Journal of Pain」誌(オンライン先行)にて発表されたものだ。

 
実際に手足を失っていても、患者の脳内では幻肢を動かすイメージ(運動表象)を作れる場合がある。幻肢痛を感じる患者の多くは、脳内で幻肢を動かすイメージができないために幻肢痛が生じると考えられている。従来の治療では十分にこの痛みを軽減することができなかった。

 
todai_genshi2
研究グループは、幻肢をあたかも自らの意思で動かしていると錯覚するVRシステムを用いて、幻肢痛が改善されるか否かを検証した。検証に先立ち、脳内で幻肢の運動表象が作られる度合いを両手干渉課題と呼ばれる方法により評価。その結果、VRシステムを用いることで、患者の幻肢痛が和らぐだけでなく、幻肢の運動表象と痛みの改善に有意な相関関係が見つかった。

 
研究グループが開発したVRシステムは、モーションキャプチャで得た痛みのない方の手足(健肢)の運動の様子を左右反転させ、患者が装着したVRゴーグルに映像でリアルタイムで映し出すというもの。患者は、映し出された映像を見ながら健肢を動かすことで、自らの意志で幻肢を動かしているような仮想体験を得る。

 
今回の成果は、住谷昌彦准教授のほか、東京大学大学院情報理工学系研究科の國吉康夫教授、同先端科学技術研究センターの熊谷晋一郎准教授および畿央大学ニューロリハビリテーション研究センターの大住倫弘特任助教らとの共同研究により、幻肢痛の発症メカニズムが脳内での運動表象の異常であることを検証しただけでなく、幻肢痛について、脳科学に基づいたVR技術を用いて新しい治療法の開発に成功したと言える。

 
住谷准教授は「神経障害性疼痛は痛みを伴う病いの中でも重症度が最も高く、多くの患者さんが痛みに苦しんでいる。今回の私たちの研究結果は、幻肢痛や腕神経叢引き抜き損傷後疼痛だけでなく、脊髄損傷後疼痛や視床痛など運動麻痺を伴う神経障害性疼痛の患者さんの痛みの原因の解明と新しい治療法の開発につながる」と、今回の成果に期待を寄せている。

 
●関連リンク
東京大学医学部付属病院 ウェブサイト

LINEで送る
Pocket