即納・簡単・低コスト!アマナ、建造物3DCGモデリングサービス「ジオウォーク」を提供開始

LINEで送る
Pocket

amana_diowalk
アマナは、9月より、簡単・低コストで建造物の3DCG化を実現するサービス「ジオウォーク」を提供開始する。約1日でデータ提供を実現し、費用も従来の方法より大幅に低価格となる。ウェブブラウザ閲覧可能で、管理もクラウド上で行える。

 
「ジオウォーク」は、実際に存在する空間を特殊なカメラを用いて撮影し3D化する3DCGモデリングサービスだ。3DCG化された空間はウェブブラウザ上で閲覧可能。ドールハウス(3DCG鳥瞰図)やフロアプラン(3DCG平面図)のほか、一般的な360度パノラマウォークスルー(写真内観)などの方法で建物の中を隅々まで見ることができる。撮影者の技術などが反映される写真とは異なり、現存する建造物をありのままの姿で3DCG化できる。

 
建造物の設計図にあたるCADなどのデータをもとに3DCG化する従来の方法の場合、納期までの期間が非常に長く、費用も高額になってしまいがちなため、導入には大きな決断が必要だった。「ジオウォーク」を利用した場合、撮影から納品までの期間を約1日と短期間でのデータ提供を可能とし、費用も1モデル50万円程度から(制作モデルによって変動)と従来より圧倒的な低価格で利用できる。特殊な専用ソフトをインストールすること無くウェブブラウザでの閲覧が可能な上、管理はクラウド上で行える。導入のハードルが低く利用者間の共有管理も非常に簡単だ。

 
また、光学撮影と同時に赤外線によるスキャンを行っているため、3DCG上の任意の2点間の正確な距離情報を把握できる。そのため、大きな機材や家具を配置する際などは、現場に出向かずに仮計測が可能だ。そのほかの用途して、不動産の現地調査、ホテルなどの営業支援ツール、建築・建設現場の施工管理ツール、歴史的建築物や芸術作品、展示物のアーカイブなどを目的にも利用できる。

 
●関連リンク
アマナ ウェブサイト

LINEで送る
Pocket