ドスパラ、GeForce GTX 1080を2枚搭載した超高性能PC「GALLERIA ZG-SLI」販売開始

LINEで送る
Pocket

galleria_zg_lsi
サードウェーブデジノスは、全国のドスパラおよびドスパラ通販サイトにて、「NVIDIA GeForce GTX 1080」2枚をSLI接続で搭載した超高性能パソコン「GALLERIA ZG-SLI」を販売開始した。価格は、29万9980円(税抜)。VRゴーグル使用時の高負荷な描画も劇的に高速化し、余裕を持ったゲームプレイが可能となる。

 
「NVIDIA GeForce GTX 1080」は、新世代「16nmプロセス」と「Pascal」アーキテクチャが採用され、前世代の「GeForce GTX 980」に比べて、演算用のCUDAコアは2048ユニットから2560ユニットに、動作クロックは1126MHzから1733MHzに大幅強化されている。負荷状態に応じてクロックを引き上げるGPU Boost機能も「3.0」となり、より高い処理能力を発揮する。「GALLERIA ZG-SLI」では、1枚でも驚異的な性能を誇る「GeForce GTX 1080」を2基、SLI接続にて搭載。膨大なテクスチャーデータを誇る最新ゲームを4Kなどの超高解像度でも快適に楽しめるほか、VRゴーグルにおける描画も劇的に高速化する。

 
「GeForce GTX 10 シリーズ」のSLIは、動作周波数が650MHzと従来よりも高速に拡張されている。グラフィックカード同士を繋ぐ「SLI Bridge」が旧来のものである場合、この性能を十分に発揮できない。新しい「HB SLI Bridge(High Bandwidth SLI Bridge)」を採用することで、データ転送のボトルネックを解消。「GeForce GTX 10 シリーズ」で新たに採用された「Dual-Link SLI mode」での動作を可能にし、さらなる性能アップを実現した。

 
また、「GALLERIA」専用にカスタマイズされた冷却性能に優れるフルタワー「GR One」ケースを採用することで、高負荷が続くゲームプレイ時もケース内温度を低く抑え、性能をフルに発揮させる。高い剛性は、ケースファンやドライブなどの振動による不快な騒音も抑える効果がある。さらに、搭載電源は電圧変動が非常に少なく安定した動作が可能で、高負荷環境を想定した室温50度での連続240時間のテストをクリアした高品質・高信頼性電源を標準で採用している。

 
Windowsの起動やゲームのデータ読み込み時間を劇的に短縮させるSSDの追加をはじめ、CPUのアップグレード、メモリやハードディスクの増量、より静音性の高い大口径ファン搭載の大型CPUクーラーや静音性・耐久性に定評のある山洋製ケースファンへの変更、書き込み対応ブルーレイドライブの追加などにも対応する。

 
●GALLERIA ZG-SLI 仕様(標準)
・CPU:インテル Core i7-6700K プロセッサー
 (クアッドコア、HT対応、定格4.00GHz、TB時最大4.20GHz、L3キャッシュ8MB)
・マザーボード:インテル Z170 チップセット搭載 ATX マザーボード
・メインメモリ:16GB PC4-17000(DDR4 SDRAM、8GB×2、デュアルチャネル)
・グラフィックス:NVIDIA GeForce GTX 1080 8GB ×2【NVIDIA SLI 接続 / SLI HB Bridge使用】
・SSD:525GB SSD(SATA 3)
・ハードディスク:2TB HDD(SATA 3)
・LAN:1000BASE-T LAN
・光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
・ケース:オリジナル GR One フルタワーケース(ATX)
・電源:800W 静音電源(Enhance 製 / 80 PLUS GOLD)
・OS:Windows 10 Home インストール済み
・価格:29万9980円(税抜)

 
●関連リンク
ドスパラ GALLERIA ZG-SLI 製品紹介・購入ページ

LINEで送る
Pocket