「そこかっ!!」ダダダダッ、視線追跡照準による射撃が気持ちよかったFOVEブースレポート【TGS】

LINEで送る
Pocket

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

FOVEは、9月15日~18日に幕張メッセにて開催されているゲーム産業関連イベント「東京ゲームショウ2016」にて、視線追跡機能搭載VRゴーグル「FOVE」の最新情報や視線追跡技術に関するプレゼンテーションのほか、FOVEのプロトタイプを用いたゲームタイトルの試遊体験など、さまざまな展示を行っている。

 
今回は、FOVEブースでのVR体験の報告をまとめていこう。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

幕張メッセの9番ホール に出展されているFOVEブース。VR体験をするためにはFOVEブースに設置されている発券機から発行できる整理券が必要。6台程度デモ台があるとはいえ、所要時間が1人あたり10分強なので、はやめに取得しておこう。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

デモ機と同じプロトタイプが安置されている。以前のデザインと比較すると、前面の縁取りがなくなっているなど、全体的に流線形に近づいた感じだ。製品版ではここからさらに変更があり、フェイスプレート(顔に接するスポンジの部分)やベルトなどが、若干仕様変更される予定だという。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プロトタイプFOVEのレンズ側。レンズ周辺の光っているように見えるのが赤外線センサー。(※赤外線なので、画像では光が見えるが肉眼では不可視)これらが黒目の位置を検出し、視線追跡を可能にする。なお、メガネを付けたままの装着はできず、レンズ間隔を瞳孔間距離に合わせる調整や、焦点距離の調整もできなかったが、筆者の視力に起因する以外の視覚的問題は感じなかった。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

通常のディスプレイ上部には位置追跡用の赤外線カメラが装着されていた。この赤外線カメラはオープンソースのVRハードウェア開発キット「OSVR」のもの。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プロトタイプFOVEを装着した筆者。装着した後は、視線追跡のための調整を行う。調整は、映し出された緑の球体を目で追っていくという簡単なもので、約20秒で終わった。調整が終わったあとは、遊ぶコンテンツを選択をして開始なのだが、コンテンツ選択にも視線追跡が使える。自分がどのコンテンツにしようか迷っているのが、視線追跡によって自覚させられたのは面白かった。なお、遊べるコンテンツは3種類ある(関連記事)のだが、そのうち2つがUnity製、そして今回私が選択したコンテンツ、Project FalconはUnreal Engine 4製だ。FOVEによる発表では、現時点でのゲームエンジン対応はUnityのみでUnreal Engine 4は年内対応予定とのことだった(関連記事)ので、気になって尋ねてみると、現時点でProject Falconが作れるくらいにはなっているが、まだまだ調整が必要とのことだった。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Project Falconは、多脚戦車に乗り込んだ設定で、視線追跡を利用して照準を合わせて射撃し、敵を倒しながら戦火によって荒廃した街を進んでいくコンテンツだ。操作方法は簡単、FOVE最大の特徴である視線追跡で敵に照準を合わせたら手元のコントローラーでミサイルか機銃を発射。移動については、周囲の敵を殲滅すれば自動で進むというものだった。

視線追跡による照準は、少し慣れがいるかもしれないが、おおむね良好。ヘッドトラッキングによるものよりも、素早く照準ができるので、横から飛び出してきた敵に対しても、横目で「そこかっ!!」と即反撃することができる。ロボット戦闘モノが好きな方々にはたまらないシチュエーションだろう。また、途中で視線追跡による照準が使えなくなるという演出もあり、この時はヘッドトラッキングによる照準に切り替わる。一部の機能を喪失しても戦い続ける。これも、ロボット戦闘モノが好きな方々には最高に燃えるシチュエーションだ。

 

そんな素敵な体験は、視線追跡機能搭載VRゴーグル「FOVE」でしかできない。東京ゲームショウに来た方は、ぜひFOVEブースへ。

 

(取材・文●久道響太

 

●東京ゲームショウ2016
・開催日時:
– ビジネスデイ 9月15日・16日 10:00~17:00(入場は16:00まで)
– 一般公開 9月17日・18日 10:00~17:00(入場は16:00まで)
・会場:幕張メッセ
(千葉県千葉市美浜区中瀬2−1)
・チケット(一般公開):一般前売1000円/当日1200円/小学生以下無料
・主催:コンピュータエンターテインメント協会(CESA)、日経BP社
・FOVEブース:9-W08

 

●関連リンク
FOVE ウェブサイト
東京ゲームショウ2016 公式サイト

 

●関連記事

FOVE、TGS2016出展内容の詳細を発表 最先端視線追跡技術を活用した3タイトルを試遊出展

FOVE、視線追跡機能搭載VRゴーグル「FOVE 0」の先行予約時期&仕様を発表【TGS】

LINEで送る
Pocket

KyotaHisamichi

http://kyuukyou.net/