本丸で三日月宗近に出会い、完璧なブースに打ちのめされた話 DMM GAMES × 刀剣乱舞VR体験記

LINEで送る
Pocket

tourabu03

15〜18日に幕張メッセにて開催されている「東京ゲームショウ2016」では、合計110タイトルと非常に多くのVRのデモが出展している。PANORAでは、まっさきにDMMブースで展示していた「DMM GAMES VR x 刀剣乱舞-ONLINE- 三日月宗近Ver.体験会」をレポートしたわけだが、気になったのは、原作の熱心な女性ファンから見てこのVRコンテンツのできはどうだったのかという点だ。

 
というわけで、原作好きで、Miku Miku Danceを使ったPVや女性向けのVRコンテンツも自分で制作されている工藤Pさんに原稿を頼んだところ、素晴らしいコメントをいただけた。なおブースでは体験中の画面を見られるモニターは提供しておらず、スクリーンショットも提供されていないので、外観のみの写真となる。

 
 

あまりに立派なブースに驚く

DMM GAMESが満を持して送り込んできたのは、「三日月宗近と出会えるVR」。それはゲームではなく、体験者は何を操作するわけでもない、ただ、いつもの見慣れた本丸の中に入り込めるだけ。しかしそれだけのものに、どれだけの審神者が心躍らせるだろうか。
 
いち早く体験してきた結果、「審神者が初めて三日月宗近と出会うその瞬間のために、DMMがどれだけ完璧なブースを作り上げてきたか」に、強く感銘を受ける結果となった。

 
体験場所にたどり着くと、そこは想像していたよりもかなり立派なブースが。「畳の上に座して体験する」とは聞いていたものの、ここまで豪華とは……。白く三日月の染め抜かれた紺の暖簾が小粋だ(ちょっと「小料理屋 三日月」みたい、と思ったのは内緒だ)。

 
tourabu
まごうことなき小料理屋だ。

 
順番が来ると、まずはモニタの設置された前室に誘導される。
ビデオにより、体験前の注意事項の説明が丁寧になされ、落ち着かない審神者の気持ちになんとか心構えができる。それが終わればいよいよ靴を脱ぎ、畳の敷かれた体験ブースへ入室。

 
荷物と靴を別々のカゴに入れ、ふかふかの紫色の座布団に正座する。空間には真新しい畳の香りが漂い、とても東京ゲームショウのブースの一角とは思えない。

 
体験ブースのそれぞれは簾で隔てられ、隣の方の存在はほとんど気にならず。それより、これからいったいどんな光景を見せてくれるのか、期待に満たされ待ちきれない。

 
tourabu04

 
 

いざ、本丸へ……!

使用するVRゴーグルはOculus RiftのCV1(製品版)。クオリティの高いVR映像を見られる、いわゆる「ハイエンドHMD」である。筆者は慣れているのでスッとかぶってしまったが、初めての方はもちろん、スタッフに丁寧に装着してもらえる。

 
Oculus-Rift-8
Oculus Rift。今回のデモではコントローラーは使わない。

 
感心したのは、1グループが体験し終えるまでに、かなり贅沢に時間を取っている点だ。

 
体験者のほとんどはVR初体験、もちろんHMDをかぶったことのない人も多数。頭にしっかり固定するなど、適切に装着をしなければ、没入感は薄れ、VRの醍醐味は薄れてしまう。スタッフの人数も多く、体験者一人一人への対応も細かくされていると感じられた。

 
Oculus Riftを装着し、準備ができると、白い視界に浮かび上がる「三日月宗近ver.」の文字。おなじみのBGMが耳元に響き、眼前に広がるのは、まさに本丸、見慣れた光景だ。

 
あまりに違和感なく「本丸に来てしまった感」があったことに驚く。ふわりと、二次元の世界に入り込んでしまった。これも畳と座布団の力か、コンテンツの美術の作りこみの力か……無論、両方だろうが。

 
いつどこから三日月が出てくるんだ? 来るなら来い! と構えながらキョロキョロしたが、そんな筆者の気負いをよそに、子猫が登場。うわあ、猫だ猫だ、動物のモーション作るの大変なのに自然でよくできてる〜などと考えながら思わず手を伸ばす。

 
今回のコンテンツは初心者向けにシンプルに作られており、Leap Motionに代表されるような、VR世界に手などで干渉できるような仕掛けはない。よって猫をなでても自分の手はバーチャル世界には現れずに宙を切るが、猫はかわいい。

 

Leap Motionは、手のジェスチャーを検知してゲームなどを操作できるセンサーだ。

 
……で、こっちに視線誘導させておいて、どこから来るんだ……? と左右に視線を向ける筆者。嫌な体験者である。案外焦らしやがる……と思ったあたりで、ついに三日月宗近が登場する。

 
 

三日月宗近が、そこに居る

初めてキャラクターのVRコンテンツを体験される方は不思議に思うかもしれないが、VRの世界の中でのキャラクターは、奇妙な実在感がある。

 
モデルは決してフォトリアルではない。当然、衣装や小物は細部まで作りこまれているが、全体のビジュアルはあくまで、ゲームで見慣れた、三日月宗近のイラストレーションに忠実な造形だ。

 
だが、そこに居るのである。不思議だが、居る。

 
三日月宗近がそこに居る、としか言いようのない存在感で、そこに佇み、話しかけてくる。

 
あの、聞き慣れた声で。

 
モーション(動作)はわざとらしくなく、フラットで自然。三日月宗近の衣装は袖が長く、裾も長く、3Dで動かすのに向いた造形ではまったくないものの、非常に気を遣って丁寧に作られたモデルであると感じた。しかも目の前に、刀の拵えなどの細かな部分がよく見えるようになっている(ここでつい、上手い!と口に出してしまった)。

 
三日月宗近は審神者の前に膝をつき、猫をなでる。すると、三日月の美しい顔が、至近距離、目の前に来る、という寸法である。よくできている。

 
三日月の顔が近づいたら、もうあなたの心臓は耐え切れないだろうが、頑張れる人は、三日月の前で右や左に動いてみよう。すると、三日月が自分の方を向いて、視線を動かしてくれるのを感じ取れるはずだ。これは貴重な体験だと思うので、覚えていたらぜひ実行してみてほしい。

 
ぼーっと三日月を眺めていると、いつの間にか終わっている。コンテンツ全体の時間は3分弱といったところだろうか。初めての人は、かなり濃密な時間に感じられたのではないだろうか。

 
体験が終わると、鏡がずらりと並んだ、化粧直しのできる空間が用意され、そこでアンケートを記入してもらうようになっている。VRゴーグルを装着したことで乱れた髪や、メイクを直すことができる。至れり尽せりとはこのことか。

 
tourabu20
本当に素晴らしい。

 
 

好きなキャラクターに、ひと目会うために

さて、今回の「三日月宗近ver」。体験時間は決して長くはないが、「本丸に居る感覚」「三日月宗近がそこに居る感覚」を存分に味わうことができた。

 
あえて気になったことを言うなら、モデルの「サイズ感」だ。3Dモデルはイラストレーションを忠実に再現しているがゆえに、普通の人間と同じ縮尺のボディになってはいない。現実の人間よりだいぶ顔が小さかったり、腰が細かったりする。そして、VRゴーグルの視界というのも、通常の人間の視界とは異なっている。

 
VRゴーグルの機能上、また二次元の世界に入り込んでいるという都合上仕方のないことなのだが、三日月宗近モデルを設定上の身長通りに作っても、近くに来ると何か小さく感じられたりする場合がある。

 
だがこれをどうにかしようとすると、逆に本丸を大きくしないといけなかったり、位置によって三日月が巨大に見えたりと、バランス取りは困難を極める。

 
今回の三日月宗近は、設定よりもやや小さく感じられた。打刀くらいのサイズ感である。女性が男性キャラクターモデルを体験する際、「自分より背がこんなに大きい!」という感覚も非常に大事なので、難しいことは重々承知で、なるべくなら改善を望みたい。

 
そういった小さな違和感はあったものの、全体を通して、モデルの造形クオリティ、自然でやりすぎていない表情やモーション、猫からの視線誘導など、「キャラクターに出会えるVRコンテンツ」として非常に練られ、つくりこまれた出来栄えであった。

 
何度も言うが、ゲーム性らしきものはまったくない。ただ、本丸で、三日月宗近に出会えるだけだ。

 
だがその瞬間のために、ブースの作り、スタッフの人数、説明のムービー、コンテンツの内容、すべてにどれだけ細やかな配慮がされているか。

 
正直、女性向けVR展示の後続のハードル上げすぎだろう!と言いたくなるくらい、初心者がVR体験をするためにあまりに完璧なブースとオペレーションを、DMMが「はいどうぞ」と用意してきてしまった。

 
おそらく相当の倍率であっただろう抽選をくぐり抜け、体験できる権利を勝ち取った審神者の皆さん、あなたは幸福だ。

 
いま、女性が体験するキャラクターVRコンテンツで、最も完成されたブースがここにある。ぜひ、楽しんでください。

 
 
(Text by 工藤P

 
 
●関連リンク
DMM GAMES VR x 刀剣乱舞-ONLINE- 三日月宗近Ver.体験会
DMM GAMES
東京ゲームショウ2016

LINEで送る
Pocket