狂気に追い詰められるの怖すぎワロエナイwww 「バイオハザード7」新デモをPS VRで遊んできた

LINEで送る
Pocket

bio

少し時間が空いてしまったが、東京ゲームショウ2016のレポートをお届けしよう。会場で人気だったコンテンツのひとつが「バイオハザード7」と思われる。

 
なにせ、VR「ではない」整理券(カプコンブース)ですら午前中に配布終了。VR版に至っては言わずもがなだ。そして今回のTGS出展版では最新のデモとなる「Lantern」が、通常プレイとVRプレイで遊べたのだ。筆者はPlayStation VRでプレーできたのでレポートしていこう。

 
p1060518
「バイオハザード7」コーナーは舞台となる朽ちた民家がモチーフ。薄暗い廃屋の中を歩いて試遊台へと進むのだが……。

 
p1060519
VR体験は待機列からも見える位置でのプレイ。体験者のリアクションが気になる

 
今回のバージョンでは女性のキャラクターを使って、明らかに悪意を持った別の女性(PVでは「マーガレット」と呼ばれている)から逃げるという内容になっている。この女性に抗うすべはなく、見つかったら即ゲームオーバーというシビアな条件だ。最初は追ってくるマーガレットからひたすら走って逃げて、屋敷の中に入り、自分を探してくるマーガレットから見つからないように進まないといけない。

 
VR使用時の操作は基本的にDualShock 4の左スティックを前に倒すと視線に向かって進行する。大きく方向転換するには右スティックを左右に倒すと画面が一瞬暗転し、30度単位で旋回する。自由に旋回しないのはVR酔いを防ぐためだ。

 
物陰や壁の裏などに隠れてマーガレットをやり過ごしていると、プレイヤーを探すマーガレットがキレて何かを叫んでいるときがある。場合によってはそのタイミングでマーガレットに見つからないように突破しなければいけないこともあった。

 
05 04

 
06
映写機の光を使って謎を解くシーンも存在します。

 
マーガレットの追跡を逃れ、なんとか床下に隠れることに成功。探索を続けるといきなり周りの明かりが消え、そして……。

 
07
ババーン、NO REFUGE……。

 
そして、プレイヤーは最新PVで登場し、現在公式サイトのキーアートとなっている「狂気の晩餐」をVRモードでは実際に体験することとなる……。そう、あの気持ち悪い物を食べさせられて、最終的にナイフでグサリ、というアレ。

 
普通にモニター越しに見るだけなら割と笑い飛ばせるのだが、眼前で実際に行われているように見えるのであるなら話は別。この恐怖はVRで体験しないとわからないのが残念なところ。VRで体験ができる機会があれば怖いものに耐性のある人は試してほしい(なお、非公式発表ではあるが「プラサカプコン」などのカプコンのアミューズメント施設で体験会を行う予定があるらしい)。

 

問題の最新PV「TAPE-2“ベイカー”」(日本語ボイス版)

 
「バイオハザード7 レジデント イービル」は2017年1月26日発売予定。ちなみに、Amazonなどでの予約サイトでは「グロテスクVer.」の予約が人気なのですが、筆者はモードセレクトができないのであれば、VRで遊ぶのは通常版でいいかなぁ、とか思い始めました、いやマジで(別取材で「グロテスクVer.」相当の例のシーンを見ている人の意見です)。なお、最後に最新PVなどを収録したステージイベントのアーカイブがあるので、こちらも参考にしていただきたい。

 

バイオハザード スペシャルステージ 第一部 「バイオハザード7 レジデント イービル」ステージ

 
 
©️ CAPCOM CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

 
 
(TEXT by Shogo Iwai)

 
 
●関連リンク
「バイオハザード7 レジデント イービル」公式サイト

LINEで送る
Pocket