宝箱っぽい開け方が素敵! 米PlayStation Blog、PlayStation VR「開封の儀」を動画で公開

LINEで送る
Pocket

psvrunbox01

新ガジェットの発売につきものなのが、「開封の儀」の記事や動画だろう。VR業界で言えば、直近では10月13日にリリースが迫った「PlayStation VR」が話題になりそうだが、ソニー・インタラクティブエンターテインメント・アメリカは29日、発売に先駆けてPS VRの開封動画をYouTubeにて公開した。

 

 
正直、「ちょっとー! そのネタ発売までとっておいてよー!」とメディア的には感じたものの、そこで新たに明らかになったPlayStation VRの箱の構造が興味深い。

 
psvrunbox02
画面はすべて動画からのキャプチャー。まず一番外側の外箱を外すと、白い化粧箱が現れる。

 
psvrunbox03
奥側にパカッと開くと、さらに青い内箱が現れる。一番上には大きな取扱説明書が鎮座。しかし、RPGの宝箱みたいでワクワクしますな!

 
psvrunbox04
説明書を外すと、ケーブル類とプロセッサーユニットが分けて収められている小箱が出現。

 
psvrunbox05
イラスト付きで何が入っているか分かりやすい。

 
psvrunbox06
さらに中の仕切り紙を外すと、一番下からVRゴーグル部分が現れる。

 
psvrunbox07
箱を閉じておしまい。

 
面白いなと感じたのは、小箱にイラストを描いて各パーツを表しているという点だ。PS VRは、PS4との途中にプロセッサーユニットをつながなければいけないなど、ゲーム機単体に比べるとケーブルが少し多くなってしまうものの、その辺の混乱を少しでも減らそうという配慮が見られる。

 
psvrunbox08
プロセッサーユニットは片側を引いてケーブルを差し込む。抜けにくくする工夫と思われる。

 
宝箱のようにパカッと開けやすいので、実際に遊び始めた後は、取扱説明書とケーブル類の小箱、仕切り紙を取り除いて、PS VRの収納ケースとしても気楽に利用できそうだ。

 
今回のは北米版となっているが、日本版でも同様な仕組みになると推測できる。いよいよ発売までカウントダウンになってきたPS VR。筆者も運良く予約できたので、到着を心待ちにしています!

 
(TEXT by Minoru Hirota

 
 
●関連リンク
北米版PlayStation VRの開封動画(英語)が公開!

LINEで送る
Pocket