戦艦大和VR、ついに11/23にOculusで発売! 10月末より横須賀市の「記念艦三笠」で体験イベントも

LINEで送る
Pocket

yamatovr

神田技研は2日、クラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」にて出資を募っていた実物大の戦艦大和に乗れるVRコンテンツ制作プロジェクト「戦艦大和VR復元計画」について、コンテンツの完成に目処がつき、11月23日にOculus Storeにてリリース予定ということを明らかにした。また、発売に先立って10月29日〜11月13日、神奈川県横須賀市にある記念艦三笠にて体験イベント「VR戦艦大和 竣工記念式典」を開催する。

 
「戦艦大和VR復元計画」は、VRゴーグルをかぶって実物大の大和に乗り込み、乗組員と同じ視点で巨大戦艦の迫力を体感できるのが特徴だ。2014年12月にクラウドファンディングをスタートし、2015年2月に目標金額の5倍以上となる544万9893円の支援を集めてプロジェクトを成立させた。

 
2016年1月には、第2期となる戦艦武蔵のプロジェクトも成立させて、さらに8月には大和の元乗務員に乗艦してもらう映像をお披露目するなど活動を継続してきて、今回ようやく発売を迎えることになる。体験会については、プロジェクトの支援者に招待券が送付されるとのことなので、ぜひ訪れてみてはいかがだろう。

 
なお、設定資料集、記念写真、2D-FPSといったリターンは、完成後に送付/配信予定だ。戦艦大和VRはほかのVRプラットフォームにも順次対応予定で、第2期の武蔵最終時は2017年度配信予定という。

 
 
●開催概要
・日時:10月29日〜11月13日 9:00~16:30
*入艦は閉艦の30分前まで
*安全上の理由で13歳未満の方は体験できません
・場所:横須賀市記念艦三笠
・体験料金:300円(別途、入館料が必要)
・協賛:公益財団法人 三笠保存会 (株)雪風エンタープライズ 横須賀鎮守府(仮)
・協力パートナー:マウスコンピューター G-Tune

 
●推奨動作環境
・Oculus Rift CV1
・NVIDIA GTX 970以上
・Core-i7 6700以上
・RAM 8GB以上
・HDMI 1.3ビデオ端子対応
・USB 3.0ポート x2
・Windows 7 SP1、またはそれ以上

 
 
●関連リンク
イベント用サイト
戦艦大和バーチャルリアリティ復元計画:「乗れる、そして動く実物大の大和」を建造。(CAMPFIRE)

LINEで送る
Pocket