Google、VRゴーグル「Daydream View」発表 対応スマホ装着型で専用コントローラー付属

LINEで送る
Pocket

google_daydreamview
Googleは、米国で開催された「Made by Google」イベントにて、新型VRゴーグル「Daydream View」を発表した。価格は79米ドル(記事執筆時の日本円で約8121円)。同イベントで発表された「Pixel」など新プラットフォームとなる「Daydream」対応のスマートフォン装着型で、専用のコントローラが付属する。現時点では日本国内での発売は未発表。

 

 
対応スマートフォンを装着することで、すぐに利用できる。現時点で対応スマートフォンは、同イベントで発表された「Pixel」のみだが(関連記事)、対応機種は今後より拡大していくものと思われる。VR機能のホームとなる「Daydreamアプリ」で、Daydream対応のアプリやゲームをチェック。ダウンロードして、そのままVR体験を楽しめる。YouTubeの360度動画はもちろん、Googleストリートビューなどにも対応している。

 
スマートフォン装着型のVRゴーグルでは珍しい専用コントローラーが付属。ボタンやパッド、9軸センサーを搭載しているため、ハイエンドなVRゲームに劣らない体験が楽しめそうだ。

 
また、本体重量が220gと軽量で、通気性が高く快適なジャージ素材を採用。眼鏡をかけたまま装着できるように設計されているほか、顔パッド部分は手洗いも可能とのことで、ファッション性や付け心地にも強いこだわりを感じる。これまでのVRゴーグルではあまり感じられなかった方向への進化と言えるだろう。

 
日本国内での発売は現時点で未発表だが、日本のGoogleストアには、Pixelと同様にDaydream Viewの日本語ページが用意されている(ただし購入は不可)。詳細なスペックや付属品が記載されているので、興味がある人はあわせてチェックしてみてはいかがだろうか。

 
●関連リンク
Googleストア Daydream View 製品ページ

LINEで送る
Pocket