PS VR発売記念イベント、盛田プレジデントが語る「VRはテレビ登場以来のイノベーション」

LINEで送る
Pocket

psvr01
10月13日、PlayStation 4向けのVRシステム「PlayStation VR」がついに発売を迎えた(関連記事)。8時よりGINZA PLACEにて、プレス向けの発売記念イベントが開催されたので、まずはソニーインタラクティブエンタテインメントジャパンアジア プレジデントの盛田厚氏による挨拶を全文お届けしよう。

 
psvr02
GINZA PLACE。

 

ゲーマーの夢だった「ゲームの中に入れる」を実現

いよいよ本日、10月13日にPlayStation VRを発売します。このPS VRは、家庭内の映像体験としては、テレビ登場以来のイノベーションだと思っておりまして、PlayStation 4と接続していただきVRヘッドセットを装着いただくと、VRの世界を家庭内でお楽しみいただくことができます。

 
今まで映像体験というと、テレビの前に座って映像をみるという形だったのですが、今度はテレビの中に入って体験できる。ゲームをする人たちにとっては本当に夢だった、ゲームの中に入ってプレーするというのを実現してくれます。

 
またゲーム以外でも、例えば、家にいて旅行に行かなくても世界遺産を巡る旅ができるとか、自分の部屋がリゾート地のビーチサイドになったり、ライブイベントのS席になったり、あるいはアイドルと共演したりとか、そういうことが可能になります。そういう意味でいうとPS VRは、どこにでも行ける、何にでもなれる、「どこでもドア」とかタイムマシンといってもいいかと思います。

 
おかげさまで、われわれここまで全国で体験イベントをずっとやってきました。これまで14万人以上の方々に体験していただくことができて、本当にたくさんの方々に「満足した」とか「本当に面白かった」という声を頂いております。たくさんの方に事前予約もしていただきまして、改めて皆さんに御礼を申し上げます。本当にわれわれの想定を超えるぐらいの方に予約して頂いて、本当にありがとうございます。

 
PS VRの強みは、ワールドワイドでいうと4000万台以上実売しておりまして、日本でも急速に普及を伸ばしていますPlayStation 4とつないでいただきまして、本当にハイクオリティーのVR体験が手軽にできるというところにあります。

 
コンテンツも「ファイナルファンタジー」や「バイオハザード」など人気シリーズの新作、鳥になって自由に飛び回ることができる「イーグルフライト」といった、普段はできないVRならではの体験ができるコンテンツをたくさん用意しています。

 
それ以外でもすごく大ヒットしましたゴジラの世界に飛び込める「『シン・ゴジラ』 スペシャルデモコンテンツ」、あるいはL’Arc-en-Cielが「バイオハザード」とコラボしますVRミュージックビデオ「Don’t be Afraid」など、普段ゲームをしない方も楽しんでいただけるコンテンツを豊富に取り揃えています。

 
今年はVR元年と言われていますが、このVRというテクノロジーは無限の可能性をもったテクノロジーだとわれわれ思っておりまして、本当に大事に育てていきたい。これはわれわれの義務だと思っています。

 
これからPS VRもエンターテインメントの世界にどんどん広げていきたいと思っていますが、それだけではなくてビジネス、教育、医療、コミュニケーションといったさまざまなエリアに展開していくことになるかと思います。

 
その中でたくさんのクリエイターの人たち、あるいはアーティスト、技術者の方々から、われわれだけでは考えつかないようなたくさんのいろいろなアイデアをいただけると思っていますので、われわれは一緒になってそういった方々をサポートしながら、あるいは協力していただきながら、PS VRを一人でも多くの方々に楽しんでいただけるように全力を尽くして参ります。

 
今日はその第一歩となりますが、本当に様々な施作を展開していきますので、ぜひご期待ください。私の挨拶は以上となりますが、改めて今後もVRというテクノロジーを、PS VRをぜひよろしくお願いいたします。

 
 
なお、発表会終了後の囲み取材にて、「店舗型のVRが流行っているが、SIEとしては興味はあるか?」と質問して見たところ、「本当に色々な可能性があると思っていますので、どういったものがユーザーに望まれているのかを考えて、みなさんが望まれていることはぜひやっていきたい。だから興味はあります。これからどうやっていくかは検討していきます」との返答をいただけた。

 
psvr03
別記事にて、PlayStation アンバサダーの山田孝之さんが体験するPlayStaion VRの話もまとめていく。

 
 
(TEXT by Minoru Hirota

 
 
●関連リンク
PlayStation VR
PlayStation

LINEで送る
Pocket