誰でもアバターな「FaceRig」がついにモバイルに! なりきりセルフィーをパパッと撮影してみた

LINEで送る
Pocket

000
昨年末にPANORAでもLive2Dとの連携をニュースとして取り上げて、「誰でも美少女になれる」とネットで大いに話題になったキャラクターなりきりソフトの「FaceRig」。そのモバイル向けとして、9月29日にはiOS版、10月6日にはAndroid版が登場した。価格はともに無料。さらに14日には、日本人待望(!?)、Live2Dアバターのアプリ内販売がスタートしている。ネットでの関心が高いFaceRigなので、iOS版をダウンロードしてさっそく使ってみた。

 

Live2Dのパッケージは600円

 
001
ダウンロードしてアプリを起動し、カメラの利用許可を出すとすぐにアバターになりきれる。PC版に比べるとすごく手軽だ!

 
ただ、現状できることは静止画や動画を録画することだけで、要するにアバターでセルフィーを撮影して手軽にネットに共有……という用途に使うことになる。筆者がiOS版で試した限り、SkypeやFaceTime、LINEのビデオチャットなどには対応してなかった。

 
002
左下の人物アイコンを押すと、アバターを変更できる。

 
003
ここでLive2Dを選んで600円で購入可能だ。なお、本アプリにはログインボーナスがあるようで、「CREDS」を貯めていくとアバターをアンロックできるとか。

 
004
パックもいろいろ。

 
005
どちらかというと海外向けなアバターが中心に揃っている。

 
006
というわけでLive2Dのアバターを買ってみました。わずか5分ほどで、非常にお手軽!

 
007
イケメーン?www

 
008
背景も選択できます。

 
009
顔の認識精度が悪い場合、右から2番目のアイコンを押すと、再スキャン可能だ。

 
facerig
というわけで撮ってみたセルフィーがこちら! オリジナルは376×500ドットで、音声が入っていたが、都合により半分にリサイズしてGIF化している。録画したものはFacebookやInstagramに投稿可能だ。Twitterが含まれていなかったのがなぜ……。

 
Live2Dによれば、今後は自作のアバターも利用可能になるとのこと! 世間ではSNOWを始めとする自撮りカメラアプリが大流行中だが、自分でつくったキャラが使えるようになれば、顔を出したくない人も、気軽かつオリジナリティーあふれるセルフィーが投稿できるようになるかもしれない。これは大きな可能性を秘めていますぞ!

 

 
(TEXT by Minoru Hirota

 
 
●関連リンク
ニュース(FaceRig Mobile Live2D Avatar Packs)
FaceRig
Live2D

LINEで送る
Pocket

黒い砂漠バーチャルクリエイター応援キャンペーン ArcheAgeバーチャルクリエイター応援キャンペーン
        
バーチャルYouTuber
のじゃロリLINE公式スタンプ
にじさんじLINE公式スタンプ
猫宮ひなたLINE公式スタンプ