眼力で迫ってくる女子高生を昇天させろ! あの「ぎゃる☆がん」が待望のVR化決定

LINEで送る
Pocket

image
ゲーム開発スタジオの「インティ・クリエイツ」は10月22日にniconicoで配信された「ガンヴォルト情報局 第六回 アスタラビスタの向こう側 +ぎゃる☆がんTVリターンズ 11月イベント遊びにきてね!スペシャル」において、「ぎゃる☆がん」シリーズ最新作となる「ぎゃる☆がんVR」を製作中であることを発表した。詳細は11月5日に市川市文化会館で開催するファンイベント「INTI CREATES FAN FESTA 20th Anniversary」 の「ぎゃる☆がん トークトークショウ」で発表される。

 
同シリーズは、インティ・クリエイツが企画・開発する「3D・眼(ガン)シューティング」(レールシューター)。主人公は1日限定でモテモテになった男子生徒となり、あらゆる場所から猛烈なアタックをかける女生徒や女性教師を眼力(フェロモンショット)でメロメロにして回避しつつ、本命の女生徒にアタックする、というのがゲームの目的となる。特定条件を満たすことで女生徒をじっくりと観察して弱点(というべきかね?(笑))を狙って女生徒たちを昇天(公式呼称です)させるドキドキモードに突入することができる。

 
2011年にオリジナル版となるXbox 360版が、2012年に女生徒数が増え、ゲームモードが増え、なぜか生徒の下着の種類も増加したPS3版が発売。2015年には、PS4とPS Vita向けの第2作「ぎゃる☆がん だぶるぴーす」がリリースされている。主人公に障害物の先を見通すための透視能力(なぜか透視レベルは下着で止まる(笑))や、3人同時に昇天させることができるようになったドキドキモードなど、ゲームシステムも大きくパワーアップしている。なお、本作は英語ローカライズ+Steamへの移植が行われ、世界市場に向けて輸出されていることにも触れておきたい。

 

公式には英語版「だぶるぴーす」のトレイラーしかなかったよ……。

 
眼力シューティングの本家がVRに殴り込むということで、ゲームシステムとプレイスタイルが完全に融合、さらにVR化によって女生徒や教師をいろいろな角度でじっくり眺めることができるなど、VR女子ラバーの方にも期待が持てる作品になりそうだ。

 
「INTI CREATES FAN FESTA 20th Anniversary」のチケットは、インティ・クリエイツの公式オンラインショップ「インティ・ダイレクト」で2000円で発売中(当日券2500円)。「ぎゃる☆がん」だけでなく、「ロックマン」シリーズ(一部作品)や「Mighty No.9」、「蒼き雷霆ガンヴォルト」などを手がけたスタッフによる座談会や「蒼き雷霆ガンヴォルト爪 MORPHO SUPER LIVE」も開催される。

 
 
●イベント概要
名称:INTI CREATES FAN FESTA 20th Anniversary
日時:11月5日(土) 11〜20時
場所:市川市文化会館大ホール(最寄駅:JR総武線/都営新宿線本八幡駅)
料金:前売券2000円、当日券2500円(高校生以下無料)

 
 
(C) INTI CREATES CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

 
 
(TEXT by Shogo Iwai)

 
 
●関連リンク
インティ・クリエイツ
ぎゃる☆がんポータルサイト
INTI CREATES FAN FESTA 20th Anniversary
インティ・ダイレクト チケット購入ページ
(前略)ぎゃる☆がんTVリターンズ 11月イベント遊びにきてね!スペシャル(タイムシフト、10/29まで)