KDDI、VR海外旅行体験「SYNC TRAVEL」体験者コメント到着「本当に旅行に行った充実感」

LINEで送る
Pocket

synctravel_1
KDDIは、11月4日・3日に国内初となるVRを活用したリアルタイム遠隔海外旅行サービス「SYNC TRAVEL」を実施した。事前応募からの抽選による参加者は26組。表参道の特設会場と、ロンドン・バンコク・シドニーの各旅行先はどのように結ばれ、どのような旅行体験をもたらしたのだろうか。

 
「SYNC TRAVEL」は、「世界旅行を、もっと自由に。」をテーマに、VRと通信を駆使して日本と世界をリアルタイムでつなぐ、全く新しい形の遠隔海外旅行サービスだ。特設会場に用意された専用VRゴーグルと現地ガイドが持つ360度カメラをリアルタイムで接続し、ガイドを通じて、海外旅行を疑似体験する。概要はこちらの記事を参照してほしい。

 
当日の体験がどのようなものだったのか、体験者のコメントが届いているので紹介する。

 
synctravel_2
●SYNC TRAVEL 体験者コメント
28歳女性
「臨場感がすごく、驚きました。つながった瞬間、周りの景色が一気に変わって、感動して鳥肌が立ちました。海に行ったときは、風を感じて、波が押し寄せてくるとリアルで思わずよけてしまいました。それに、ガイドさんが親切で気さくで、まるで前からの知り合いのように感じました。終わった後は、旅行に行ったような充実感があり、二人で旅行したことなかったので、楽しかったことを振り返り、また一緒に旅行に行きたいねと盛り上がりました」

 
22歳女性
「二人で本当に海外旅行にいっているような不思議な感覚を楽しめました。一番印象的だったのは、ガイドさんの声掛けで突然向こうの有名なストリートミュージシャンが歌ってくれたことです。私たちだけのための生ライブに感動しました。本当に前で弾いてくれているみたいに音もすごくよかったです。今回、写真で見ているだけとは違って、ガイドさんが案内してくれるシドニーの向こうの生活を感じられたことで、行くならまた二人で一緒にシドニーに行きたいねと話しました」

 
およそ15分の体験にも関わらず、国内にいながらにして、海外旅行に実際に行かなければ味わえない現地の醍醐味を楽しめた様子。バーチャル体験を通じて、より興味を持ち、今度は実際に足を運びたいという思いが強まったようだ。

 
synctravel_3
体験終了後、体験者は専用の個室ラウンジに案内され、旅の余韻に浸りながら旅先にちなんだ飲み物のサービスを受けた。また、後日旅先で選んだお土産と体験したVR録画映像、ロゴ入りオリジナルデザインのスマホ装着型VRゴーグル「ハコスコ」が送られ、いつでも「SYNC TRAVEL」の思い出を360度映像で振り返られる。

 
「SYNC TRAVEL」は現在行われていないが、今回の応募総数は946組と非常に高い倍率となり、その注目度の高さがうかがえた。第2回、第3回と企画されていくことにぜひ期待しよう。

 
●関連リンク
SYNC TRAVEL ウェブサイト

LINEで送る
Pocket