すべてがVRのために作られたPS VR用ゲーム「星の欠片の物語、ひとかけら版」2017年早春配信決定

LINEで送る
Pocket

hoshikake1
自転車創業とフォージビジョンは、2017年早春に、PlayStation VR専用ソフト「星の欠片の物語、ひとかけら版」を配信すると発表した。PC向けノベルゲームを多数制作してきた自転車創業による初のPS VR用作品で、開発はフォージビジョンが担当する。「VRのための設定とシナリオとゲームデザイン」がコンセプトとなっている。

 
hoshikake2
本作は、コミュニケーション謎解きアドベンチャーゲーム「星の欠片の物語」のプロローグ版にあたる。VR特有の視界の直感性に加えて、VRの弱点とも言える操作のもどかしさを逆手に取ったゲームデザインにより「ヒロインと視線を交わして動いてもらう」ことが大きな特徴だ。さまざま謎解きには、距離の概念が強く存在するため、その距離を意識的に見分けないと進めない状況となっている。ヒロインが動くべき距離か、ギミックを動かすべき距離かといった部分がVR専用である意味と価値を高めている。

 
hoshikake3
●物語
星の欠片に1人の少女が取り残されている。砕けて力を失ってしまった星からは、脱出することも他者から認識して貰うこともできない。しかし、その世界の座標軸が重なる1点にだけ、別の世界から「干渉する」ことができる特異点が存在した。

 
その特異点に立っているプレイヤーは、手に入れた「他の世界を覗き見ることができる装置(=PlayStation VR)」を被ることで平行世界に潜り込み、少女と互いを認識し合うことができた。2人は力を合わせて謎を解き、星を元に戻して力を取り戻すことによって、脱出を目指す。

 
hoshikake4
●ゲーム性
プレイヤーは平行世界の物体に触れることができず、また、少女に話しかけることもできない。ディスコミュニケーションを解消するために「フォーカスロック」と呼ばれるシステムを使用する。

 
気になる物体を見つめると赤枠でマークされる。その状態で少女にアイコンタクトを取ると、プレイヤーの代わりにそれを運んだり、スイッチを押してみたりと、物体に応じてさまざまな行動を取ってくれる。「フォーカスロック」による指示と少女の行動を繰り返すことで、うまく少女とコミュニケーションをとりながら脱出のための謎を解いていく。

 
●ヒロイン
hoshikake5

 
hoshikake6
●星の欠片の物語、ひとかけら版
・発売日:2017年早春
・価格:未定
・プラットフォーム:PlayStation VR(要PlayStation 4)
・ジャンル:コミュニケーション謎解きアドベンチャー

 
・キャラクターデザイン:玉岡かがり
・音楽:水野裕之
・コンセプトアート:irohamu

 
・声優協力:アーツビジョン
・出演:阿部里果(VIMS)

 
・企画・設定・シナリオ・ゲームデザイン・レベルデザイン・スクリプト:かざみみかぜ。
・パブリッシャー:メディアスケープ
・開発:フォージビジョン

 
・3Dモデリング:
 - キャラクターモデリング ヒノイチ
 - オブジェクトモデリング ばね@まじめもでら
 - キャラクターモーション ポンポコP

 
●関連リンク
星の欠片の物語、ひとかけら版 公式サイト

 
(C)自転車創業

LINEで送る
Pocket