マイクロソフト、HoloLensの国内プレオーダーを12/2より開始 価格は33万3800円から

LINEで送る
Pocket

mshololens_hero1_rgb-779x389

マイクロソフトは29日、Windows 10を搭載したMRヘッドマウントディスプレー「Microsoft HoloLens」(マイクロソフト ホロレンズ)について、日本国内におけるプレオーダーを12月2日より開始すると発表した。出荷は2017年初頭の予定。

 
価格は、開発者向けの「Microsoft HoloLens Development Edition」が33万3800円、法人向けの「Microsoft HoloLens Commercial Suite」が55万5800円、画面操作に使う「Clicker」が8800円(いずれも税別)。

 
日本国内では、日本航空(JAL)がパイロットや整備士のトレーニング用のデモを製作した事例がある。同社のWindows and Devices Group テクニカルフェローであるアレックス キップマン氏は、以下の様にコメントを寄せている。

 
「マイクロソフトにおける私たちのミッションは、Mixed Reality(複合現実)を世界中のあらゆる人々や組織にお届けすることです。私たちは 2015年1月から、Mixed Reality のビジョンを現実のものにするために注力してきました。法人のお客様やパートナーのソリューションには刺激を受けますし、開発者の HoloLens の活用の仕方にはいつも驚かされます。日本の皆様が HoloLens を使って何を作り出すのか大変楽しみにしています。」

 
 
●関連リンク
ニュースリリース
製品情報
マイクロソフト

LINEで送る
Pocket