モノビット、Unity向けVRボイスチャットミドルウェア「VR Voice Chat with MUN β版」無料配布開始

LINEで送る
Pocket

monobit_vrvoicechat1
モノビットは、iOS/AndroidおよびPC(Windows/Mac)に対応したUnity向けVRボイスチャットミドルウェア「VR Voice Chat with MUN β版」を提供開始した。モバイルVRデバイスからハイエンドVRデバイスに対応し、VRコンテンツにボイスチャットをリアルタイム・コミュニケーション機能として、簡単に搭載可能となる。

 
monobit_vrvoicechat2
「VR Voice Chat with MUN β版」は、VRクラウドを手軽に実装できるUnity専用の無料アセットだ。自分の動きや声をリアルタイムにネットワークで通信し、VR空間をリアルタイムで共有することにより、VRコンテンツの新たな楽しみ方や深い没入感を創り出せる。

 
ゲームに限らず、さまざまな業種のVRコンテンツでも、VRボイスチャットは簡単に搭載できる。サンプルプログラムも付属しているので、VRコンテンツ制作の参考にすることも可能だ。

 
●VR Voice Chat with MUN β版
・利用料:無料
・特徴:
 - Unityに特化し、iOS/Android、PC(Windows/Mac)などに対応。
 - クライアントプログラムだけでVRボイスチャットなどの開発が完結。
 - サーバ構築なしで利用できる無料のテストクラウド環境を標準搭載。
 - サーバOSにLinuxを採用しているため、これまでの運用ノウハウの活用が可能。
 - 日本語マニュアルを用意。

 
【ボイスチャット調整機能】
・ストリーミング再生調整機能
 - 音声ゲイン調整機能(dbレベルで調整)
 - ストーリーミングバッファ調整機能(バッファ数は0~50まで調整)

 
【コーデック調整機能】
・帯域調整機能
 - 帯域は以下の5つ
  Narrow Band(4kHz bandpass)
  Medium Band(6kHz bandpass)
  Wide Band(8kHz bandpass)
  Super Wide(12kHz bandpass)
  Full Band(20kHz bandpass)
・録音フレームサイズ調整機能
 - 録音するフレームサイズ幅は以下の3つ
  20ms / 40ms / 60ms
・3Dサラウンド設定機能
 - ON / OFF
・デバッグモード
 - ON / OFF

 
●関連リンク
VR Voice Chat with MUN β版 ダウンロードページ
VR Voice Chat with MUN β版 マニュアルページ

LINEで送る
Pocket