ラストマイルワークス、カンボジア大規模開発プロジェクト「Bodaiju Residence」にVR技術を提供

LINEで送る
Pocket

bodaiju1
住宅関連業界向けVRサービス「terior」を提供するラストマイルワークスは、日系不動産投資会社クリード・グループがカンボジアにて行う大規模開発プロジェクト「Bodaiju Residence」において、VRによる販売およびマーケティングツールの試験導入を開始した。

 
bodaiju2
フルCGで制作された物件をOculus Riftを使って内覧できるコンテンツや、コンドミニアムの周辺環境をパノラマ画像を利用して説明するコンテンツなどを用意。海外など遠方にいる潜在顧客へのアプローチや、物件内覧におけるコストの削減が期待できる。

 
また、12月1日~3日にプノンペンにて開催される東南アジア向けの博覧会「Cambodia Construction Industry Expo 2016」において、第1回体験会を来場者向けに提供する。

 
同社は、今後も定量的なVR体験データを取得していくことで、サービスの向上につなげていくとしている。

 
●関連リンク
ラストマイルワークス ウェブサイト
terior ウェブサイト
Bodaiju Residence ウェブサイト

LINEで送る
Pocket