ピクセラ、VR音楽ライブ配信の実証実験を実施 解像度高密度化や3D立体視の実現に向けて

LINEで送る
Pocket

pixela_sofarsoundstokyo_logo
ピクセラは、無料音楽イベント「Sofar Sounds Tokyo」と共同で、12月3日に東京・表参道にて音楽ライブシーンでのVRライブ配信に向けた実証実験を実施した。VR映像のさらなる臨場感向上を目指し、新しい機材構成を用いた撮影方法の実証と、VR映像素材の収集を行った。

 
撮影の新たな取り組みとして、4K解像度を180度の視野角に適用することによる解像度の高密度化と、ステレオスコピック3D撮影によるVR映像の立体視をともに実現。この撮影で得られた新しい形式のVR映像を、ピクセラが開発するVR専用プレイヤーアプリで視聴することにより、これまでの360度映像よりも、さらにリアリティのある体験が可能となる。

 
同社は、今回の実証実験の結果を、今後の撮影機材、撮影方法の改良や、VR専用プレイヤーアプリの開発に有効活用し、より魅力のあるVRコンテンツを制作するための豊かな表現力をもつVRライブ配信プラットフォームの開発に活かしていくとしている。

 
●関連リンク
ピクセラ ウェブサイト
Sofar Sounds Japan ウェブサイト

LINEで送る
Pocket