【速報】MS、Windows Holographicをアップデートで「標準搭載」に 来年にSnapdragon対応

LINEで送る
Pocket

 
12月8日、米マイクロソフトは、中国・深圳で開催中のハードウエア関連開発者会議「WinHEC 2016 Shenzhen」にて、様々な発表を行った。

 
かねてから開発中であった、Windows 10におけるバーチャルリアリティ(VR)・Mixed Reality(MR)対応技術である「Windows Holographic」の詳細を発表した。

 
Windows Holographicは、現在開発者向けに提供されている「Microsoft Hololens」で使われている技術を、Windows 10を搭載した一般的なPCで実現可能にするもの。2017年初めにも正式版の公開が予定されている、Windows 10の次期大型アップデート「Creatores Update」に含まれる。そうしたスケジュールは明かされていたものの、対象となるPCのスペックやHMDの詳細などは、今回はじめて公開されることとなった。

 
dsc09626
Windows Holographicのデモ。室内をVR空間内に作り、様々なアプリケーションを利用する。現実世界と連携し「Mixed Reality」として活用

 
HMDデバイスとしては、HP・ASUS・LENOVO・DELL・ACERが製造販売する他、中国のVRヘッドセットメーカー・3Glassesがパートナーとなり、同社のHMD「S1」をWindows Holographic対応デバイスになる。S1は499ドル。

 
dsc09560
Windows Holographic対応デバイスが発表に。HP・ASUS・LENOVO・DELL・ACER・3GlassesがHMDを提供する。

 
dsc09581
中国・3Glassesが提供するWindows Holographic対応デバイス「S1」。価格は499ドルを予定

 
Windows Holographicは多様なハードウエアに対応を予定しており、現在のVRに対応したゲーミングPCだけでなく、インテル製の内蔵グラフィックチップにも対応する。ただし、細かな動作状況は、基調講演の段階では不明。

 
もっともインパクトが大きいのは、Qualcomm社との提携により、フルバージョンのWindows 10をARMベースのQualcommのSoCで動作させるようにするということだ。今までのx86向けアプリケーションは、エミュレーションによりARMプロセッサーの上で動作することになる。

 
基調講演では、QualcommのSnapdragon820を使ったシステムの上で、x86ベースの「フルバージョンのAdobe PhotoShop」が動作していた。Qualcommデバイスを使った製品は2017年に登場する予定。

 
dsc09967
Snapdragonで動くWindows 10の上で、Adobe Photoshopのフルバージョンが、エミュレーションで動作するデモが公開された

 

 

dsc09934OSはARMネイティブで動作しており、過去のWindows RTと違い「フルバージョン」だ。

 
のちほど詳しくレポートする。

 
 
(TEXT by Munechika Nishida

 
 
●関連リンク
ニュースリリース(英語)
Windows 10
マイクロソフト

LINEで送る
Pocket