あの単純作業がついにご家庭でできる! Oculus Touch向け「VR刺身タンポポ」公開

LINEで送る
Pocket


“待”ってたぜェ!! この“瞬間”をよォ!!

 
フレームセンシスは24日、Oculus Rift向けゲームソフト「VR刺身タンポポ」を公開した。動作にはWindows PCとOculus Rift、Oculus Touchが必要。価格は無料。

 
ハンドコントローラーのOculus Touchを使ってタンポポ(という名の食用菊)をつかみ、ベルトコンベアーの上に流れてくる刺身パックの上にひたすら置いていくという内容になる。

 
もともと11月のインディーゲーム展示会「デジゲー博2016」に出展していたタイトルで、「Oculus Rift Advent Calendar 2016」に合わせてソフトが公開された。

 

 
刺身タンポポといえば、インターネット上では2ちゃんねる発のアスキーアートキャラクター「やる夫」に添えられた「今日もまた、刺身の上にタンポポのせる仕事が始まるお…」というコメントが有名だ。

 
刺身の上にタンポポを乗せるという仕事自体のインパクトや、「タンポポじゃなくて食用菊」とツッコミせざるを得ないところなどでネットに衝撃を与えて、やる夫とともにインターネットミームとして広まった(……と真面目に解説するのも微妙だが)。iPhone時代にも、「ぐんまのやぼう」で有名なRucKyGAMES氏が「i刺身」としてリリースしてアプリ業界に衝撃を与えていた。

 
sashimitanpopo
今回、Oculus Touch版を製作したフレームセンシスの古林克臣(こりん)氏は、昨今のVRムーブメント初期からVRコンテンツを制作し、最近ではハシラスのCTOとしてVR PARK TOKYOのアトラクション「ソロモン・カーペット」を手がけたことでも知られる人物だ。Oclus Touchをゲットしたという人は、ぜひダウンロードして体験してみよう。

 
© 2016 フレームシンセシス

 
 
●関連リンク
製品ページ
フレームセンシス
Oculus Rift

LINEで送る
Pocket