VRデモにも便利? Razer、部屋全体にゲーム映像を投影する「Project Ariana」の開発を発表

LINEで送る
Pocket

project-ariana3
Razerは米国時間5日、Philips Lightingと協業し、ゲーム映像を部屋に投影する用途のプロジェクター「Project Ariana」を開発していることを明らかにした。PCディスプレーと合わせて利用することで、ゲームへの没入感をより高めてくれるという。同日より米国ラスベガスにて開催される「CES 2017」の同社ブース(South Hall 3 booth: 30320)にてコンセプトモデルを展示する(レポート記事はこちら)。

 

 
Razerは、プレイするゲームに合わせてキーボードなどの発光パターンを変えられる「Razer Chroma」というプラットフォームを展開しており、すでに500万台の製品に組み込まれているとのこと。例えば「Overwatch」や「Call of Duty: Black Ops 3」、「Shadow Warrior 2」といったタイトルがこのRazer Chromaに対応して、ゲームの世界観の一端を再現できる。

 
今回のProject ArianaもRazer Chromaのコンセプトに沿っており、「HUE」を製造するPhilips LightingのRGBライト技術を応用して部屋に映像を投影しているとのこと。

 
project-ariana-room
投影前。

 
project-ariana-room1
投影後。ちょうどPCディスプレーから外れた部分が、部屋へのプロジェクションマッピングで補完されているイメージだ。

 
ariana01
こんな感じで部屋をスキャンして。

 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-05-9-00-54
形に合わせて投影している。

 
Razerの共同設立者兼CEO、Min-Liang Tan氏は、「Project Arianaは、ゲーマーとゲームのギャップを埋める『プレVRワールド』でRazer Chromaプラットフォームのパワーとポテンシャルを示すコンセプトデザインです」と語っている。

 
*CES 2017のまとめ記事はこちら

 
*PANORAでは、1月24日(火)の19時より、トークイベント「Tokyo VR Meetup #13 CES報告会」を開催いたします。現地に参加したメンバーでその熱気を語り尽くしますので、ぜひご参加下さい。申し込みページはこちら!

 
 
●関連リンク
ニュースリリース
Project Ariana
Razer

LINEで送る
Pocket