Digital Domain、西遊記を下敷きにした連作VR映像「Monkey King」の制作を発表

LINEで送る
Pocket

15894255_1300146920060741_7353771723763425623_n

アメリカの映像制作会社・Digital Domainは、CES 2017の開催に合わせて連作VR映像作品「Monkey King」の制作を発表した。西遊記でおなじみの「孫悟空」をモチーフにした3DCGシリーズとなり、2017年内の公開を予定しているとのこと。CESにおいては、HTCとQualcommの協力により両社のブースにおいてプレビュー版が上映されていた。

 
Digital Domainは、映像制作会社として「ジャングル・ブック(2016)」や「デッドプール」などの劇場映画のVFXを手掛けている。近年はVR映像の制作にも乗り出しており、中国で開催されたFwye Wongのコンサートやノーベル平和賞コンサートのVR映像配信を手掛けている。

 
*CES 2017のまとめ記事はこちら

 
*PANORAでは、1月24日(火)の19時より、トークイベント「Tokyo VR Meetup #13 CES報告会」を開催いたします。現地に参加したメンバーでその熱気を語り尽くしますので、ぜひご参加下さい。申し込みページはこちら!

 
 
●関連リンク
Digital Domain HoldingのFacebookページ
Digital Domain

LINEで送る
Pocket