美少女ゲームで女性の香りも嗅げるようになる!? 匂いを発するVRデバイス「VAQSO VR」

LINEで送る
Pocket

1月17日、スタートアップ企業のVAQSO(バクソー)は、VRゴーグルに装着し、映像などと連携し匂いを発生させられるデバイス「VAQSO VR」の開発を発表しました。

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
VAQSO VRを発表するVAQSO代表取締役社長の川口健太郎氏(左)とスーパーアドバイザーの黒川文雄氏(右)

 
VAQSO VRは、もともと「ZaaZ VR」という仮称で、VAQSOの代表取締役社長川口氏が同じく代表を務めるZaaZ社からアナウンスされていたもの。ZaaZ社からも匂いを提供するデバイスはリリースされていますが、VAQSO VR製品化のため別途VAQSOを起ち上げ、開発拠点はアメリカにおいて開発を進めていきます。

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
VAQSO VRの開発モック。手のひらにのるサイズ

 
発表会で紹介された開発モデルのVAQSO VRは、本体サイズが手のひらにのるほどで、チョコレート菓子のスニッカーズと同じくらいのサイズ。本体にはバッテリーや通信システムのほか、匂いの元を閉じ込めたカードリッジと匂い排出用のファンを内蔵しています。開発モデルには3種類のカードリッジが内蔵されており、本体の1mmほどの穴から匂いが排出されるというシステム。

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
川口氏のプレゼンテーションでも、スニッカーズの包装から取りだすパフォーマンスを披露

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
1mmほどの穴からファンを使って匂いが送り出される

 
このVAQSO VRをVR HMDの下部に装着して使用。現状ではマグネットを使ったアタッチメントで手軽に取り外しができるようになっています。VRゴーグルとの連携はBluetooth LEを利用。

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
VRゴーグルの下部に別途装着して使用する

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
モックにはマイクロUSBポートとスイッチを装備

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
マグネットで簡単に取りはずできる機構

 
利用シーンとして、まずはゲームを想定しており、たとえばアクションモノなら爆薬や硝煙の匂い、美少女モノなら女性から漂う香りなどが再現可能とのこと。

 
開発機ということで、内蔵されている匂いカードリッジは3種類ですが、製品版では5種類から10種類のカードリッジが装着可能になり、ユーザーが手軽にカードリッジを入れ替えられるようになるとのこと。

 
またプログラミングからの匂いの排出制御もオン・オフのみのですが、今後はファンの回転数などもコントロールできるようにして、ゲーム内での距離に会わせて匂いの強弱をつけるなど、よりVR的な制御ができるようにしていく予定とのことです。

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ゲーム中に匂いを出して、よりリアルさが感じられる

 
匂いを発するVRシステムとしては、「Feelreal」や「Nosulus Rift」などがすでに登場していますが、Feelrealはフルフェイス型で大型、Nosulus Riftは1種類の匂いしか対応できないといった欠点があり、川口氏は、小型で複数の匂いに対応したVAQSO VRのほうが優位であると説明しています。さらにHTC VIVEやOculus、PlayStation VRなどプラットホームを選ばず対応できるのも強みとなっています。

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
様々なVRゴーグルに対応できる

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
先行する2社の製品に対して、匂いの種類とコンパクトさで優位差がある

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
HTC VIVEを使ったゲームでデモンストレーション。ゲーム内で飛んでくる果物を壊すと、桃の香りがするといった具合

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ちょうど鼻の前にセットされるので匂いを感じやすい

 
VAQSOの元となっているZaaZは2009年に設立した会社で、設立以来一貫して「匂い」を扱ってきた企業。電子書籍の閲覧時に内容に合わせて匂いを出すイベントや、舞台の特殊演出として劇場内に匂いを出すといった実績を積んでいます。

 
こういった実績を注ぎ込めるのがVAQSO VRの強みであると川口氏は説明しています。

 
またスペシャルアドバイザーの黒川文雄氏は、「2016年はVR元年と言われたが、今年はその揺れ戻しが来ていて、なにか足りないものを模索している状態。その足りないもののひとつが嗅覚に関することなのではないか」とVAQSO VRの必要性について解説していました。

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
VR市場は2025年には800億ドル(約9兆円)で、VAQSOがマーケットとして狙っている市場だけでも363億ドル(約4兆円)規模と予測されている

 
VAQSO VRの製品化は2017年を予定。すでにAPIも公開されており、開発者に向けたコミュニケーションサイトも開設予定とのこと。

 
VR元年と言われ盛り上がった2016年に引き続き、2017年は、視覚以外のVRも注目を集めそうです。 

(TEXT by Satoru Nakayama

 
 
●関連リンク
ZaaZ

LINEで送る
Pocket