Windows Holographic参画のVR Technology、449ドルの「3Glasses Blubur S1」を台湾で披露

LINEで送る
Pocket

3Glasses Blubur S101

 
中国・深センのVRゴーグルメーカー「VR Technology」が台湾での活動を開始し、台北ゲームショウ2017・B2B ZoneにおいてPC向けVRゴーグル「3Glasses Blubur S1」を発表した。VR Technologyは、Windows 10対応の「Windows Holographics」プラットフォームにも参画するメーカーとしても知られている(関連記事)。

 
液晶の解像度は2880×1440ドット、リフレッシュレートは最大120Hz、レスポンスタイムは10ms未満。付属のカメラでヘッドセットと2つのモーションコントローラを認識するという、PlayStation VRに近い方式となっている。接続には、HDMIではなくDisplay Port 1.2を使用する。

 
3Glasses Blubur S102
カメラと2本のモーションコントローラでワンセット。

 
P1070243
スペック表記。

 
Steam VRコンパチということで、デモでは「Space Pirates Trainer」が展示されていた。2本のモーションコントローラを銃に見立てて撃ちまくる……のだが、どうやら認識があまりうまくいっていない模様。壁際のブースはVRゲームの展示に想定したものではないため、近距離過ぎるのが原因か。機会があればある程度距離を保てる場所で再検証したいところだ。

 
とはいえ、価格が449米ドルということもあり、気軽に購入できるPC向けVRになりそうだ。日本での正規流通の開始が待ち遠しい。

 
 
(TEXT by Shogo Iwai)

 
 
●関連リンク
VR Technology公式サイト

LINEで送る
Pocket