CNSとハコスコが提携「VR for EC」を展開 ファッションブランド「Room no.8」に導入

LINEで送る
Pocket

cns_hacosco1
シー・エヌ・エスとハコスコは、マーケティング・パートナーシップを締結し、「VR for EC(Shopping)」を発表した。シー・エヌ・エスの広告プロモーション領域でのノウハウと、ハコスコのVRプロモーションサービスを用いて、さまざまな業種とコミュニケーションシーンにおけるVRの活用提案とコンサルティングを行う。

 
企業の広告・マーケティング活動や、商品と消費者をつなぐコミュニケーションの中でのVR活用など、利用用途として主流であるエンターテイメントの枠を超えた、新しいVRの発展促進の第1弾として提案された「VR for EC」。VRならではの「自分以外の誰かの目線になれる」「ある世界に入り込める」という高い“自分ゴト化”の効果を利用したストーリーマーケティングをインターネットショッピングの入り口とし、VR空間の中で商品に触れ、実際に商品購入できるサービスとなる。

 
シー・エヌ・エスでは、商品特性に応じたVRコンテンツ制作やコンサルティング、ハコスコプレミアムアカウントサイト制作・管理、VRコンテンツ内でのタグ付け代行などを行う。

 
cns_hacosco2
日本のファッションブランド「Room no.8」では、すでに「VR for EC」を活用したインターネットショッピングの開発を開始している。「大人の女性の日常に対応するアイテム、様々なシーンにちょうど良い服」をコンセプトとする「Room no.8」を愛用する人達を紹介する記事「Room no.8な人達…」と連動し、撮影の様子などが覗ける360度ムービーを公開する。

 
デザイナーの小島直子さんと記事に登場するモデルたちの会話を通じてブランドの世界観に入り込み、記事で紹介されるメインアイテムに限らず、アクセサリーや小道具まで、映像の中に登場する「Room no.8」の全てのアイテムをその場で購入できるVRをリリース。第1弾はフリーアナウンサーの坂田陽子さんが番組衣装の相談に「Room no.8」を訪れ、衣装を決めていくまでの様子を公開する。

 
●関連リンク
シー・エヌ・エス ウェブサイト
ハコスコ ウェブサイト
Room no.8 ウェブサイト

LINEで送る
Pocket