五感への刺激を実現! コーエーテクモウェーブがロケーション向けVR「VR SENSE」を発表

LINEで送る
Pocket

VR SENSE01
コーエーテクモグループでAM事業を担当するコーエーテクモウェーブはロケーション向けVR筐体「VR SENSE」の制作と、内蔵ソフト3タイトルを発表した。今年の夏に稼働開始予定。個室タイプの筐体の中に3Dムービングシート、香り、風、タッチ、温冷、ミストの機能を搭載し、視覚だけでなく五感を刺激するVRの表現が可能になったのが特徴。稼働開始時には以下の3タイトルを体験できる予定。

 
VR SENSE02
ホラーSENSE だるまさんがころんだ(仮)

 
VR SENSE03
旧テクモが得意とするホラーゲームが登場。鬼が見ているときに動いたら……?

 
VR SENSE04
G1ジョッキー SENSE(仮)

 
VR SENSE05
人気ホースレースアクションがVR化。自分でムチをふって愛馬を奮わせ勝利を目指せ。

 
VR SENSE06
VRバトル 真・三國無双(仮)

 
VR SENSE07
人気タクティカルアクションがVR化。炎飛び交う戦場の熱気を肌で感じて一騎当千!

 
なお、コーエーテクモウェーブは2月10日〜12日(10日は業界関係者のみ入場可能)に幕張メッセで開催されるジャパンアミューズメントエキスポ(JAEPO 2017)に出展し、同機の出展を予定している。コーエーテクモウェーブは旧テクモのAM事業を源流としており、現在でもアミューズメント施設のテクモピアを関東地方を中心に展開している。

 
 
(C)コーエーテクモウェーブ All rights reserved.

 
 
●関連リンク
コーエーテクモウェーブ
VR SENSE公式サイト

LINEで送る
Pocket