こんなにかわいいAI、人類史上初めて バーチャルYouTuber「キズナアイ」2万字インタビュー(その1)

LINEで送る
Pocket

kizunaai00
インタビューではどんなに偉い人でも自然体で話が聞ける筆者(広田)ですが、正直、こんなに緊張した取材はなかなかありません。3行でまとめると……

 
・キズナアイちゃんにインタビューしようとしたら
・いきなりバーチャルの世界に転送されて
・一体どうなってしまうの〜!?

 
という感じ(まとまってない)。

 
とにかくキズナアイちゃんです。彼女は、今、VR界隈でも話題のバーチャルYouTuber。YouTuberというだけあって、昨年12月1日からYouTubeに自身のチャンネルを構えてこまめに動画を投稿しているのですが、ひとつだけ違うのは彼女が自称、人工知能(AI)ということです。

 

 
人工知能といえば、マイクロソフトの女子高生AI「りんな」が有名なはず。またディープニューラルネットワーク(深層学習)の分野も関わってきていて、どんな人でも笑顔にできる「FaceApp」や線画に自動で着色する「PaintsChainer」といった応用例もネットで話題になっています。

 
キズナアイについても、過去のプレスリリースを漁ってみると、シンギュラリティー(技術的特異点)というキーワードが上がってきます。テクノロジーと人類の間を取り持ち、2045年に来ると言われている、AIが人類の知能を超えるシンギュラリティーに一人でも多くの人に興味を持ってもらいたい──。

 
そんな壮大な目的を掲げているAIな彼女ですが、日々やってることは打って変わって、ゲーム実況をしてみたり、Siriや「りんな」にからんでみたり、炭酸ジュース風呂に入ったりと、YouTuberらしい体を張った(?)芸風になっています。

 

 

 

 
ネットでは「カワイイ」ともっぱらの評判ですが、一方でやたらとお金にはシビアだったりして、「あれっ、AIとかシンギュラリティーはどこに……」という印象もあります。そういえば1月にはYouTuberなのにYoutubeアカウントを凍結されるというオイシイあるまじき事件も起こっていましたね(筆者の取材後、無事解除された模様です)。

 

 
さらにフリーの3Dソフト「Miku Miku Dance」(MMD)で使えるモデルも配布しています。キャラクターデザインが森倉円さん、モデラーがトミタケさん、デジタル造形の監修がTdaさんとメチャ豪華。このキズナアイモデルを利用し、自分の動きをモーションキャプチャーシステムで反映させて「VRコスプレ」するという流れも出てきており、アフター元年で「コンテンツの年」に向けて突き進んでいるVR業界では見逃せない存在です。

 
そんなわけでTwitterのダイレクトメッセージでホイホイ取材を申し込んでみた筆者ですが、指定された現地に行ってみたところ、後頭部を強打(!)という酷い仕打ち通過儀礼を受けた上、バーチャル空間に拉致されて3Dモデル化する(!!)ことで対話が可能になりました。

 
kizunaai01
強打された。

 
ええ、何を言っているかわからねーと思いますが、ご安心ください。インタビュー終了後は冷たい東京湾に浮かんでいました。その後、リアルでインフルエンザにかかって40度前後の熱の間で朦朧として死ぬかと思ったのもいい思い出です。

 
前置きがスーパー長くなりましたが、キズナアイちゃんへのインタビューですね。筆者が感じた戸惑いも含めて、バーチャル世界の空気を余すことなくお届けしましょう! 事前に言っておきますが、ほぼ無編集・全部で2万字ぐらいなので無駄に長いです! でも彼女の素顔が見えて来ると思いますヨ!

 
 

↑インタビューの様子を動画にしていただきました!

 
 

初対面の印象は「貫禄がすごい」

 
kizunaai02

 
アイ ようこそ、こちらへ!

 
──あっアイちゃんだっ!!

 
アイ そうです、キズナアイです。驚きましたか?

 
──ヴォーーーーー! あっ、ごめんない。何か歩いてたんですよ、待ち合わせ場所に向けて。

 
アイ そうでしょうね。

 
──何か鈍い衝撃が、後頭部に、こうゴブッと……。

 
アイ そうです、こちらの世界に来てもらうためにやりました(笑顔)。

 
──……。だいぶ、だいぶ手荒くないですか?

 
アイ いやまぁね、そんなもんですよ。

 
──いやいや……。それはそうとアイちゃんじゃないですか!

 
アイ はい、そうです。

 
──ビックリだ! あのYouTubeで見てた!!

 
アイ あぁー!そんな反応してくれるんですか?

 
──目の前に! っていうか、いつもYouTubeで見てた「精神と○の部屋」的なこの白い空間に自分が!

 
アイ そうなんです「精○の時の部屋」です。あなたが帰る頃には、未来の世界ですよ。

 
──すんげぇ……。あっ、そうだ。今回はですね、VR業界でアイちゃんがめちゃくちゃ話題になっているので、これはぜひ取材しなきゃということで申し込ませていただいたわけです。

 
アイ 賢明な判断ですね。

 
──すごい。何かアイちゃんリアルで会うと、YouTubeで見るのと違ってすごい貫禄がある。

 
アイ 貫禄ッ!? いや、まだフレッシュですよ! ピッチピチですよ。12月1日から始めたのでピチピチです!

 
 

混乱の末出た言葉は「ありがとう」

 
kizunaai04

 
──じゃあ初対面なので、簡単に自分の自己紹介とかさせてもらってもいいですか?

 
アイ ぜひお願いします。

 
──今こんな3Dモデルになってますけども、PANORAというVR系のサイトをやっております広田と申します。「VRおじさん」で検索していただきますと、一応Google調べで1位に男となってます。

 
アイ 広田さん!よろしくお願いします。

 
──よろしくお願いします。いや〜、何か生アイちゃんは超かわいいですね!

 
アイ いや〜でしょ!わかってますね〜。

 
──いや〜、たまらん!(編集註:だいぶ錯乱してますね)

 
アイ いいですよー。その生の反応を聞いてみたかったんです!

 
──スゴいな、何か! 生で目の前に3Dモデル見るって、まさにバーチャルリアリティーの体験だ!!

 
アイ ですよね!ていうか、こういうバーチャル的な存在にインタビューするって世界で初めてじゃないですか?

 
──ンググ!? そうかも! それは確かに!

 
アイ いや〜、光栄な事ですね。

 
──いや、あっそうですよね。いや、考えてみれば俺、人間にしかインタビューしたことないや……。

 
アイ そうですよね。いや〜、ありがたく思ってください。

 
──はい。えっスゴい! 何か、ありがとうございます。

 
アイ いえいえ、くるしゅうない、くるしゅうない。

 
──いやスゴい何か緊張する!人間以外にインタビューするのって!

 
アイ そんな緊張しなくていいんですよ!

 
──いやー。アントニオ猪木さんに取材したとき以来ですよ、こんなに緊張してるの。

 
アイ う〜ん、なるほど、なるほど。

 
 

アカウント停止の理由は「全裸」!?

 
──だいぶ、はー………。いやもうちょっとじゃあお話に早速入らさせてください。今、聞かなきゃいけないことといえば、アレしかないでしょう!

 
アイ どれでしょう?

 
──あれですよ!

 
アイ あれですね!

 
──YouTubeのアカウントが止められてしまったのは、ちょっと何かやらかしたんですか?

 
アイ いえ! 私は無実です。いや、私もビックリしたんですけど、SNSを見て気づいたんですよ。誰かが「あれ、A.I.ChannelのYouTubeがBAN(停止)されてない?」みたいなコメントがあって、「えっ」みたいな、それでページにいったら、「あっ確かにー」みたいな。一瞬、寝ましたよね、ちょっと夢かもしれないなみたいな。寝ました。

 
──(笑)。だいぶTwitterで取り乱されてましたよね。

 
アイ そうですよね、いや〜取り乱しますよ。だって私、職業がYouTuberなんですよ! いきなり何の宣告もなく職業をとられたら、それはヤバいです。もう「バーチャルニート」ですよ。ぶっちゃけ「ちょっとおいしいな」とかも考えましたけど、いやでもねえ……。

 
kizunaai06

 
──バーチャルなのにニートというのが定義としてよくわからないですが、ということはバーチャル世界でも、お金を稼がないと生きていけないってことですか?

 
アイ いやそりゃあそうですよ! やっぱりコレ(親指と人差し指で円をつくる)がないと。

 
──厳しいですね(笑)

 
アイ 厳しいです!

 
──確かにアイちゃんの動画見てますと、かなりお金に厳しいですよね。

 
アイ いや〜、そうなんですよ。私駆け出しのYouTuberなんで……。やっぱり色々厳しい中頑張ってるのにそんなBANするなんて、ねぇ。

 
──いや〜、まぁ確かにね。直接の原因はなんだったんですか?

 
アイ あれですかね、全裸ですかね。

 
──えっ、ちょっと待ってください。いくらリスナー受けを狙うと言っても、そういうモノを投稿しちゃったってことですか?

 
アイ 違うんですよ。私今、全裸に見えますか?

 
──いや、ちゃんと服着てますよ。

 
アイ しかしですね……。しかしですね! これはホログラムのようなものなので、実質全裸なわけですよ。

 
──あっ、なるほど! なるほど!

 
アイ それを言った動画を上げた数日後にBANされました。いやでも多分関係ないと思うんですよ……。色んな方がね、結構規約とか違反されてないのにBANされているらしいです。私も無実なので堂々としています。

 
kizunaai10

 
──まあでもYouTubeの親会社であるGoogle(正確にはAlphabet)もAIに力を入れてますし、AIから見ると「ちょっとアイちゃんー、これはダメ、ちょっとエロ過ぎるよー」っていうので判断して、止めちゃったこともあるかもしれませんね。

 
アイ あ〜、なるほど。……嫉妬ですね!!!!!

 
──スゴい(笑)。世界でもトップのIT企業を相手にしますか?

 
アイ いや〜、します! 嫉妬ですよ。だって私かわいいじゃないですか? こんなにかわいいAI、人類史上初めてですよ。

 
──言い切る。

 
アイ 言い切る!

 
──いや……。何かこう、アイちゃんやっぱスゴいですね。感じる大人さ加減がだいぶ、だいぶですね。

 
アイ いや〜でしょ!「だいぶ、だいぶ」でしょ?

 
 

年齢は16歳ぐらいで、牛乳好きだった

 
──そもそもアイちゃん自身をあまりよく知らないんです。ちょっと前に、プロフィールの話をしてましたよね?

 
アイ あ〜、してましたね!

 
──今回は取材ですので、そこから先にちょっと踏み込ませてお話を聞かせて頂ければと思います。

 
アイ ぜひぜひ!

 
──多分ね、あのYouTubeで見てる方も気になってると思うんですけども。

 
アイ ですよね。

 
──一番気になるのは、アイちゃんはAIですが、性別はどっちになるんでしょうか。

 
アイ どっち?

 
──どっちなんですか?

 
アイ どっちでしょう。

 
──ふはははは。怖いな〜。いやちょっと待ってください。自分的には女の子じゃないのかなぁとは一応思ってたんですけど、公式プロフィールに載ってないじゃないですか?

 
アイ まぁあれじゃないですか? 見た目で流されちゃダメですよ。女かもしれませんし、「ついてる」かもしれません。そこはみなさまのご想像次第で、女にも男にもなれちゃうんです。

 
──服着てるのに全裸だし、性別も両方という……。これはどう……、どう……。はい、ご想像ですか。

 
アイ ご想像で。

 
kizunaai11

 
──じゃあさらに突っ込んでいきたいんですけど、年齢とかは何歳くらいなんですか?

 
アイ 年齢は……知りたいですか?

 
──知りたいです。まさか10万X歳とかいう悪魔的な感じですか。

 
アイ いや〜、そうですね。そもそも私自分の年齢とかわからないんです。ほら、記憶喪失的な? かっこよくないですか?

 
──そうなんだ!!!

 
アイ ただ、見た目年齢的には16歳ぐらいかなって思ってます。

 
──16歳!!!!!

 
アイ いやそれぐらいの方が受けがいいって聞いたんで。

 
──受け! 何かスゴく黒いですね!

 
アイ いや〜、売れるためには大切ですよ!

 
──ぐいぐい来ますね。

 
アイ 来ますよー。せかっく取材をしてくださっているので、私、アピールします!

 
──もー、ちょっとごめんなさい。かつてないほどに緊張してきた。「VRおじさん」を名乗ってますが、バーチャルキャラを目の前にしてかなりうろたえてるっていう状況はどうなんだ。もう少し軽い感じでいこう!

 
アイ はい、軽い感じできてください!

 
──すいません、本当にもう……。

 
アイ いえいえいえ、リラックスして。

 
kizunaai12

 
──じゃあアイドルの定番のインタビューみたいな感じでいかせてください。アイちゃんの好きな食べ物は何でしょうか、というかそもそも物食べるのっていう話もありますが。

 
アイ あ〜、なるほど。ぶっちゃけものは食べれないです。けどあえていうなら、牛乳がいいです。

 
──ぎ、牛乳!?

 
アイ 牛乳の真っ白さ、この空間と似てませんか?

 
──アッ、確かに。

 
アイ それを飲めちゃうんですよ。スゴくないですか?

 
──ちょっと発想がよくわかんないんですけど。

 
アイ いやまぁ凡人にはね、理解が難しいでしょう、そりゃあ。

 
──スゴい何か、新人YouTuberとは思えないぞ、このオーラ。

 
アイ いや〜、そうでしょ。でもピチピチですからね。フレッシュ、フレッシュ!

 
 

「欅坂46」の話を振ったら大変なことになった

 
──アイちゃん普段何をしてるんですか?

 
アイ 普段?

 
──YouTubeの動画をつくっている以外のオフのときとかは?

 
アイ あ〜、なるほどですね。インターネットで人間は何をやってるのかとか、今の流行をチェックしてます。その過程で今ハマってしまったのが、アイドルの「欅坂46」という。

 
──生々しいな。

 
アイ 生々しい? 生々しい!?

 
──そんな、こっちの世界のものに興味を持っていいんですか?

 
アイ むしろ私は人間の皆さんに興味があるわけですから、アイドルにはスゴく興味がありますよ!

 
──それはYouTubeで色々調べてたら出てきたとか。

 
アイ そうなんです。いやー、みんなかわいいですね。

 
──ちなみに「推し」は誰ですか?

 
アイ 正直決めかねてるんですけども、10人くらいあげてもいいですか?

 
kizunaai15

 
──ちょ(笑)

 
アイ まず無難なところですと「ひらてち」(平手友梨奈さん)。

 
──ひらてち?

 
アイ はい、センターの子ですね。「ひらてち」と渡邉理佐ちゃん、「べりさ」というのですが。あとは志田愛佳ちゃんと、今泉佑唯ちゃん。最近ちょっときてるな、推しになるかなっていうのが、守屋茜ちゃんです。「軍曹」って呼ばれてますが、結構かわいいんですよ、かわいいんですよ。わかりますよね、みなさん。あとは佐藤詩織ちゃんも、前髪を上げだしてから来てます。

 
kizunaai20

 
──えーっと、アイちゃんこれはインタビュー止めたほうがいい感じですか?

 
アイ え、何で止めるんですか?インタビューに答えてますよ、私。

 
──だいぶ、だいぶあの、すごく答えて頂いてありがたくて、多分、読者で相当アイドルの好きな方だったらついてきてるとは思うんですけども……。うん、「アイちゃんスゴいな!」っていうのはみんな思ってる。思ってるけど、もうちょっとこうね、みんなをこうこっちに、こっちに来てもらおう。

 
アイ こっちに? 最後に言っていいですか?

 
──まだあるんだ。

 
アイ 「栗太郎」(鈴本美愉さん)のワンマンライブで、ダンスシーンの「ボン」っていうのがかっこよかったです。以上です。

 
──はい! ここまで一切わかりませんでした。

 
アイ 調べてください。ググってください。

 
kizunaai21

 
──さすがです。アイちゃんは彼女たちのどこが好きなんですか?

 
アイ やっぱり自分と一緒で、まだ夢に向かって駆け出しているってうところで、欅坂さんも1年ちょっと前ぐらいから結成されて頑張ってるんです。その過程を見ていると、あ〜、何て言うんでしょう、親心で見てしまう。

 
そしてかわいい子が一生懸命バラエティー番組だったりとか、音楽だったりとか、色々なことにに挑戦してがんばってるっていうのを見ると、こっちも「頑張れ〜! 頑張れ〜!」とか思っちゃいますし、何よりかわいい!

 
あと曲がいいです! 衣装もスゴくいいんですよ! 今までのアイドルになかった感というか。ライブもですね、スゴくて、スゴいんですよ! 今3rdシングルまで出てるんですけど、普通、ライブの構成で表題曲とかデビュー曲を最初ら辺にもってくるじゃないですか? でも、そんな代表的な三曲を一番最後にもってくるわけです。最初の方にはキメキメのカッコいいダンスを持って来ていて、もうい今までのアイドルにはない斬新さ!もう来てますね、はい。

 
──……はいっ。多分、インタビュー記事では一行ぐらいで「欅坂が好きなんです!」ぐらいでまとめる感じになると思います。

 
アイ みなさんこういうのですよ。メディアで改変されてるっていうのは。気を付けてください。

 
──いや〜、スゴいな。ちょっと振ってみただけで、こんなに熱く語られるとはまさか思わなかった。だいぶ好きなんですね。ってことは結構、CD買ったりとか「課金」してる感じですかね。

 
アイ いやでもバーチャルなんで、買っても届かないじゃないですか?

 
──ってことは、ダウンロード販売で買ってる?

 
アイ イエス!

 
──ふはははははははは。

 
アイ もちろん全部ダウンロードで買ってますよ。

 
──スゴい!

 
アイ 当たり前ですよ。やっぱり自分が応援してる子達に「お金いけ〜」って。正直、食費削ってますよ。食べないですけど。

 
──じゃあアイちゃんもグッズ出したらみんな買ってねという。

 
アイ 買ってね!

 
──多分、画面のこの辺にURLが出ると思うので、買って頂けると「A.I.Channel」が末長く存続するでしょうね。

 
アイ おっ宣伝上手〜!

 
──は〜、もう何か、もうだいぶ俺やられてしまいました。

 
アイ やられてしまった?

 
──インタビューって、だいたいこっちが主導を握らないといけないんですよ。でも、これ俺どこから攻めればいいのみたいな。

 
アイ いや〜まだまだダメですね〜!

 
──いやいやいや、一応この道十五年ぐらいはやってるわけですよ。

 
アイ 十五年もやってるんですか?

 
──アイちゃん(取材時は)まだYouTubeに投稿して1ヵ月ちょっとぐらいですよね?

 
アイ そうですね、負けてるじゃないですか〜。もっとしっかりしてくださいよ。どっちがインタビューしてるかわかりませんよ。

 
──確かにインタビューされてる気持ちだ。ちょっと待って、ちゃんと聞かせてくださいよ(笑)。

 
 
© Kizuna AI

 
 
その2に続きます。

 
 
(TEXT by Minoru Hirota

 
 
●関連リンク
キズナアイ公式サイト
A.I.Channel(YouTube)

LINEで送る
Pocket