カーセンサー、車の内装・外装を360度で閲覧「360°view機能」実装 比較検討の効率アップ

LINEで送る
Pocket

carsensor1
リクルートマーケティングパートナーズは、同社が企画制作する中古車情報メディア「カーセンサー」において、VR技術を活用し、車を内装・外装を360度で閲覧する「360°view機能」を実装した。あわせて、メーカーなどを越えて各車種・グレードのスペックを比較できる機能を追加する。

 
リクルート自動車総研の「中古車購入実態調査2015」によると、車の購入を思い立った段階で調べたことは「価格(55.5)」「車体の大きさ(46.9)」「室内の広さ、乗車可能人数、荷物スペースの広さ(46.3)」「見た目、外装(37.2)」と、車の外見・内見に関する項目の関心が高い。また「メーカーごとにウェブサイトの作りが違うので情報を探しにくい」「同じ車種でもグレードごとに何が違うのかわかりづらい」という声も多く、メーカーを越えて車種を比較検討したいと考える人も非常に多い。

 
上記のようなカスタマーにニーズを反映させる形で、簡単に比較検討ができる機能と、いつでも気になる車種をバーチャル試乗できる「360°view機能」を搭載した。

 
carsensor2
●360°view機能
車の外装・内装を360度自由に閲覧できる。スマートフォン用サイトにおける内装Viewは、スマートフォン装着型VRゴーグルに対応。ショールームで実際に車に乗ったような疑似体験が可能だ。現在は、話題のC-HRをはじめ、新車発売中のSUV・ミニバンを中心に約30車種に対応。今後、順次車種を追加していく予定。

 
carsensor3
●車種・グレード比較検討機能
カーセンサーでは、最新モデルから往年の名車まで約2500車種のカタログデータを保有しており、日本最大級の車データベースとして多くのカスタマーに利用されている。このカタログデータから、ユーザーが検討している車種・グレードの性能を詳細に比較できる機能を新たに公開しました。これによりメーカーを横断した各車種・グレードの違いを簡単に比較可能になり、効率的に検討できるようになる。尚「グレード比較機能」は2月21日にリリース予定。

 
●関連リンク
カーセンサー ウェブサイト
カーセンサー 車カタログ

LINEで送る
Pocket