NVIDIA、「GP100」などPascalベースのQuadro新製品を発表 3月より提供開始

LINEで送る
Pocket

nvidia_logo
NVIDIAは、PascalアーキテクチャをベースとしたQuadro製品の最新ラインナップを発表した。デザインワークフロー、シミュレーションワークフローを合理化するエンタープライズグレードのビジュアルコンピューティングプラットフォームに対し、前世代と比較して最大2倍のパフォーマンスと超高速メモリーを提供する。

 
QuadroのPascalベースの新世代GPUである「GP100」「P4000」「P2000」「P1000」「P600」および「P400」によって、以下のような作業が行えるようになる。また、これらの新しいカードにより、すでに発表されている「P6000」「P5000」やモバイルGPUを含め、NVIDIA Quadro Pascalの全ラインナップが揃う。NVIDIA Quadro Pascalの全ラインナップは、最新のNVIDIA CUDA 8コンピューティング プラットフォームをサポートしており、開発者が、Pascal のパワフルな新機能を、開発用ツール、パフォーマンス拡張機能、nvGraphなど新しいライブラリーで利用できるようなる。

 
●シミュレーション、HPC、レンダリング、デザインを統合
「GP100」は、これまでにない倍精度のパフォーマンスと16GBの高帯域幅メモリー(HBM2)を融合しているため、デザイン プロセス中にシミュレーションを実施し、これまでよりも迅速に、リアルなマルチフィジックス シミュレーションを得られる。「GP100」GPU 2基とNVLinkテクノロジを組み合わせたり、32GBのHBM2に拡張したりと、1台のワークステーション上で充実したビジュアル コンピューティング ソリューションを実現する。

 
●ディープラーニングを探求
「GP100」により、20TFLOPSを超える16ビット浮動小数点精度の演算が提供され、Windows環境およびLinux 環境においてディープラーニングを可能にする理想的な開発プラットフォームが実現。

 
●デザインおよびシミュレーションのワークフローへVRを組み込み
「VR Ready」のQuadro「GP100」と「P4000」は、実世界のような没入感あふれる環境を創造するパワーを備えている。より大きく、より複雑なデザインにおいても、大規模な体験を可能にする。

 
●フォトリアリスティックなデザインのメリットを獲得
PascalベースのQuadro GPUにより、フォトリアリスティックなイメージをCPUの18倍以上の速度で迅速にレンダリングできる。

 
●包括的なビジュアルワークスペースを実現
最大4台の5Kディスプレイに、高解像度とHDRカラーでデータをビジュアル化する。

 
●大規模なデジタル サイネージ構成をコスト効率よく構築
最大32台の4Kディスプレイを、最大8基の「P4000」GPUと2枚のQuadro Sync IIカードを組み合わせることにより、1台のシャーシで構成できる。

 
NVIDIA プロフェッショナルビジュアライゼーション事業のヴァイス・プレジデントであるボブ・ペティ氏は以下のようにコメントしている。

 
●NVIDIA プロフェッショナルビジュアライゼーション事業 ヴァイス・プレジデント ボブ・ペティ氏 コメント
「プロフェッショナルワークフローには現在、AI、VR、フォトリアリズムが導入され、その結果、最も要求の厳しいユーザーにとって新たな課題が生じています。当社のQuadroの新しいラインナップは、このような課題に対処するのに必要なグラフィックスとコンピューティング パフォーマンスを提供します。そして、コンピューティングとデザインを統合することにより、Quadro GP100は、平均的なデスクトップ ワークステーションを、スーパーコンピューター並みの能力を備えたマシンに一変させます」

 
新しいNVIDIA Quadro製品は、3月より、Dell、HP、Lenovo、富士通などの主要ワークステーションOEM、および、PNY Technologies(北米・欧州)、ELSA/Ryoyo(日本)、Leadtek(アジア太平洋)などの正規販売パートナーから提供される。

 
●関連リンク
NVIDIA Powers New Class of Supercomputing Workstations with Breakthrough Capabilities for Design and Engineering(英語)
NVIDIA ウェブサイト

LINEで送る
Pocket