コーエーテクモ「VR SENSE」をJAEPOで体感 体感シートでホラーにゾクッ! レースに興奮!

LINEで送る
Pocket

JAEPO01
2月10日から12日まで、幕張メッセではアーケードマシンの見本市「ジャパン アミューズメント エキスポ 2017」(JAEPO 2017)が開催されている。今年はドワンゴのniconicoが開催する「闘会議2017」と同時開催され、11、12日は闘会議のチケットでJAEPO 2017の入場が可能だ。

 
JAEPO2
今年はロケーション向けVRの展示もぼちぼち出てきているのが特徴で、特に注目を集めていたのが先日発表されたコーエーテクモウェーブの「VR SENSE」。JAEPOでは試作機を展示し、2つのデモコンテンツを体験することができた。今回はそれをレポートしよう。

 
JAEPO03
「VR SENSE」のVRシステムはPlayStation VRを使用。今回のデモではPlayStation Moveを使用している。この試作機ではコイン投入口がなかったので、店員のアテンドを前提としたオペレーションで運用されると推測される。

 
JAEPO04
ビジネスデイですら、90〜120分待ち。列の長さを調整するため並べない時間もしばしばあった。一般日の整理券配布は未定のため、体験希望者は闘会議よりJAEPOを優先したい。

 
JAEPO05
筐体後方には稼働タイトルを示すポスターが入っている。これはモニターにしてPVを流したり、プレイ画面を表示することも検討されている。

 
P1070851 - コピー
まずは「ホラーSENSE ~だるまさんがころんだ~(仮)」。ゲームをスタートさせるといきなり薄気味悪い廃校と思われる建物の中に。そして死んだと思われる少女、少女の死に驚愕している少年、おびえるもう一人の少女がいる。少年が何者かに闘かけようとすると奥には謎の少女が話す。「だるまさんがころんだ」無視して叫ぶ少年に向かって謎の怪物が襲い掛かり、少年も死亡。どうやら奥の少女に「だるまさんがころんだ」で勝たないとここから脱出することはできないようだ。

 
操作はボタン(トリガー)のみ。押している時だけ動くことができる。もちろん「だるまさんがころんだ」と言い終わったタイミングで動いていると殺されてゲームオーバーとなる。ゆっくりと進んでいくと、プレイヤーの集中を削ぐかのようにコウモリが襲ってきたり、建物の壁が倒れたり、最初に死んだはずの少女が動いたりと不気味な現象が次々と起こる。なんとか謎の少女にあと一歩、というところまで近づくが、少女はさらに建物の奥へと進み…というところでゲームは終了する。

 
コーエーテクモには旧テクモの開発したホラーIPである「零」シリーズがあり、そのノウハウを惜しみなく注ぎ込んだVR体験となっている。ただし、今回のバージョンは試作機によるものであり、「VR SENSE」のタッチや温冷・風機能は一切作動していない。これらが加わったとき、どんな体験になるのか、ある意味楽しみでもあり、ある意味恐怖でもある。

 
P1070852 - コピー
もう一つの体験は「GI JOCKEY SENSE(仮)」。コーエーテクモのホースレースゲーム「GI JOCKEY」をVR化したらどうなるかというもので、このバージョンでは中山競馬場をディープインパクトで走るという内容になっている。操作はPlayStation Moveを振ることで鞭を入れることができる。

 
矢野吉彦アナウンサーの実況を聞きながら、実際の馬に乗っているかのようなシートの動きでレースを体感することができる。リリース版ではミスト機能と温冷機能によって天候の再現も行うというので楽しみにしたい。

 
P1070846 - コピー
もう一つ、企画進行中なのが「真・三國無双VRバトル(仮)」。主観視点でのゲームになる模様で、馬に乗り戦場を駆け一騎当千の活躍をするというもの。どのような体験になるのかに期待したい。

 
「VR SENSE」の稼働開始は夏を予定しており、現時点では初期パッケージとして3タイトルが同梱される予定(追加ソフトは別途有料で供給)。近年のアーケードゲームではネットワーク接続を前提とした遊びが主流となっており、こういった機能が盛り込めればリプレイ性も上がる。また、PlayStation 4ベースのシステム、ということで家庭用ゲーム機と連動した遊びも考えられそうだ。「VR SENSE」はJAEPO 2017でぜひ体験してほしいVR体験といっても過言ではないだろう。そして体験した後はこの機能が実現すればこんなことができるのに、といろいろ妄想が膨らむことは間違いない!(特にVRパスポート持ちのニューザック島オーナー代理の紳士淑女の諸君

 
 
©️ コーエーテクモウェーブ All rights reserved.

 
*JAEPO × 闘会議 2017の記事まとめはこちら

 
 
(TEXT by Shogo Iwai)

 
 
●関連リンク
VR SENSE公式サイト
コーエーテクモウェーブ公式サイト
ジャパン アミューズメント エキスポ 2017(JAEPO 2017)公式サイト

LINEで送る
Pocket