KDDI「VR災害対策訓練ソリューション」提供開始 JR西日本が津波対策で導入へ

LINEで送る
Pocket

kddi_jrwest
KDDIは、2月16日より、HTC VIVEなどを使った「VRによる災害対策訓練ソリューション」 の提供を開始する。JR西日本では、4月以降、新宮駅と和歌山市駅を結ぶ紀勢線の津波対策に関わる運転士向けの訓練に順次導入予定。

 
JR西日本和歌山支社では、南海トラフ巨大地震やそれに伴う津波発生など万が一の事態に備え、ハード・ソフト両面でのさまざまなな対策が進められている。しかし、紀勢線では南海トラフ地震が発生した場合、総延長の3分の1にあたる約73kmの区間が津波で浸水し、紀伊半島南岸に位置する白浜~新宮駅間は、地震発生から5分以内に10mを超える津波が襲うという厳しい想定となっている。運転士のさらなる判断力の向上を目指し、JR西日本とKDDIが共同開発したVRを活用した災害対策ツールを導入するに至った。

 
VRコンテンツは、紀勢線の串本駅~新宮駅の約43kmを運転士の視点を360度動画で撮影。「避難行動の演習コンテンツ」と「地震・津波発生疑似体験コンテンツ」の2つのコンテンツから構成された内容で、9K画質の高解像度により、リアルな走行感が体験できるのはもちろん、避難誘導の判断に必要となる標識などを肉眼で確認できるようになっている。YouTubeではデモ動画も公開中だ。

 

 

 
運転士自身が、常日頃から運転している路線の実際の映像によって、想定浸水深の確認、避難誘導に関わる設備の確認、震災発生時の津波が起こる様子を疑似体験できる。これにより、運転士の判断力が培われ、列車の利用客の安全・安心につながるとしている。

 
●関連リンク
KDDI ウェブサイト
JR西日本 ウェブサイト

LINEで送る
Pocket