東京ゲームショウ2017、開催概要を発表 9月21日~24日に開催、VR/AR/MR分野も拡大へ

LINEで送る
Pocket

tgs2017_logo
コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、「東京ゲームショウ2017」の開催概要を発表した。会場は幕張メッセ全館。開催日は、ビジネスデイが9月21日・22日、一般公開が9月23日・24日で、計4日間の開催となる。

 
昨年は、36の国と地域から345社が出展し、国内出展社を上回る規模になるなど、「東京ゲームショウ」は、世界中が注目するグローバルなイベントとしての認知が強まっている。今年は、より多くの地域からの出展誘致を強化し、国際的なイベントしての認知とステータスを高めていく。また、ネット動画配信による情報発信を強化。世界中にライブ配信することで、国内を中心とした来場者だけでなく、ネットを通じて世界中のゲームファン、業界関係者に最新情報を届けられるイベントを目指す。

 
これらの背景や目標を踏まえ「東京ゲームショウ2017」では4つの指針が掲げられている。VR/AR/MR分野の拡大もひとつのテーマとなっている。

 
●ネット動画配信で世界に発信
国内向け、海外向けそれぞれにオリジナル番組を制作。発表される最新ニュースやe-Sports大会の模様をライブ配信する。また、会期前の7月からプレ番組を毎月配信し、会期本番に向けて期待感を高める。

 
●e-Sports本格普及へ
日本におけるe-Sportsの本格普及に弾みをつけるため、e-Sportsコーナーを大幅強化。コーナー内の大型ステージに、家庭用ゲームやスマートフォンなどの人気タイトルを誘致し、ネット動画配信とあわせ、より多くの人にe-Sportsの魅力を伝える。

 
●VRに加えAR/MR分野も拡大
昨年新設した「VRコーナー」は「VR/ARコーナー」と名前をあらため、AR、MRまで出展対象を拡大。VR/AR/MR対応のゲームソフトやアプリケーションだけでなく、開発ソリューションなどBtoB目的の出展も広く募集する。

 
●出展・来場はさらにグローバルに
東アジア、東南アジア、欧米、東欧、中南米に加え、南アジア、中東、オセアニアからの出展や来場誘致を強化。東京ゲームショウをハブに、世界中のゲーム業界関係者が商談、交流できる場を目指す。

 
現在は、出展社を募集している。詳細は「東京ゲームショウ2017」公式サイトを確認してほしい。

 
●東京ゲームショウ2017
・開催日時:
 - ビジネスデイ 9月21日~22日 10:00~17:00
 - 一般公開 9月23日~24日 10:00~17:00
・会場:幕張メッセ 全館(1-11ホール、イベントホール、国際会議場)
 (千葉県千葉市美浜区中瀬2−1)
・入場料:
 - 一般(中学生以上) 1200円(税込) / 前売券 1000円(税込)
 - 子供(小学生以下) 無料
・主催:コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
・共催:日経BP社
・特別協力:ドワンゴ
・後援:経済産業省(予定)
・来場予定者数:25万人
・募集小間数:2000小間

 
●関連リンク
東京ゲームショウ2017 公式サイト

LINEで送る
Pocket