Cerevo「LiveShell X」、YouTube Liveの360度ライブ配信に対応 RICOH R向けにβ版を提供

LINEで送る
Pocket

liveshell_x
Cerevoは27日、ライブ配信機器「LiveShell X」がYouTubeの360度ライブ配信に対応したと発表した。リコーの360度カメラ「RICOH R Development Kit」に向けてベータ版を提供し、今後、一般向けにも展開してく予定だ(関連ニュース)。

 
LiveShell Xは、PCなしでライブ配信を実現する「LiveShell」シリーズの最上位機種。これまでもLive Shellでは、同機器の管理サービス「Dashboard」と、YouTube Live自体の管理サービス「ライブコントロール ルーム」の両方で設定することで360度配信を実現していた。

 
dashboard_360_ja
さらに、今回のベータ版環境では、YouTube LiveのAPIを利用し、Dashboardに360度ライブ配信の設定を追加したことで、LiveShell X単体でのライブ配信が可能になった。

 
ricohbooth
なお、27日よりスペイン・バルセロナで開催しているモバイル機器の祭典「MWC 2017」のリコーブースにて、RICOH RとLiveShell Xを利用したライブ配信のデモを実施しているとのこと。

 
ricoh_r_demo

 
 
●関連リンク
ニュースリリース
LiveShell X
Cerevo

LINEで送る
Pocket