あまりの怖さに脱落者続出? Morpheusの「KITCHEN」でカプコンの本気がビンビン伝わってきた

LINEで送る
Pocket

 
米国ロサンゼルスにて、現地時間の16〜18日に開催しているゲームの見本市「E3 2015」。新VRシステムの「StarVR」に続く記事は、ソニー・コンピュータエンタテインメントの「Project Morpheus」だ。現地を取材しているライターの岩井省吾氏にレポートをお願いした。

 
E3のソニー・コンピュータエンタテインメントアメリカ(SCEA)ブースでは、SCEワールドワイドスタジオ傘下のゲリラゲームズが開発する「RIGS」を除き、特設コーナーに20台のMorpheusがフル稼働していた。

 
初音ミクのライブである「SEGA feat. HATSUNE MIKU Project VR Tech DEMO」や、新キャラの金髪美女が登場する「サマーレッスン」など、新しいデモが話題になっていたが、あらかじめアプリで予約した人が空いたタイトルに順繰りに案内される形式なので、何を体験できるかは「神のみぞ知る」という非常に険しい難関になっている。

 
1
「SEGA feat. HATSUNE MIKU Project VR Tech DEMO」。キャラクターへの愛情のそそぎ方に定評にあるSEGA feat. HATSUNE MIKU ProjectによるVRテックデモ。外部モニターへはソーシャルスクリーンを流しているようだ。

 
SEGA feat. HATSUNE MIKU Project VR Tech DEMO
(C) SEGA / (C) Crypton Future Media, INC. www.piapro.net 

 
3
E3 2015出展版の「サマーレッスン」。海外らしく、金髪女性に日本語を教えるという設定になっている。外部モニターはソーシャルスクリーンではなくYouTubeにアップされたPV。

 
4
まぁ、体験できなかったら、帰国後にグラサンヒゲのダンディなおじさまになんとかしてもらいましょう。よろしくお願いします、原田さん。

 
(C) BANDAI NAMCO Entertainmant, Inc.

 
そんな状況をつゆ知らず、筆者が案内されたのは「KITCHEN」。外部モニターも常時ロゴを表示しているだけのまったく謎のタイトルだった。最初は「VRでよくありがちな一発ネタゲーで料理でもやるのかなー」とか思っていたが、それはスタートボタンを押した瞬間に浅はかな考えと分かった。なお、今回は画面写真がまったく用意されていないので、実際に置かれたシチュエーションを想像して読んでいただきたい。

 
6
金髪美女かミクさんかと思った? 残念!

 
まずプレイヤーは、眼前に1台のビデオカメラが置かれていて、両手には手錠がはめられている状態にある。そして視界を左前方に向けると、似たような状況に置かれた男が一人。手元のコントローラー「デュアルショック4」を前方に突き出してビデオカメラを倒すと、その男が何かを見つけて動き出す。どうやら糸鋸か何からしい。

 
男が目の前にやってきてプレイヤーの手錠の鎖を切ろうとすると、突然けたたましい叫び声とともに、明らかに精神がまともじゃない女が登場! 彼女はなんと刃物を持っている。

 
彼女に刃物を突き刺されて、倒れる男。そしてプレイヤーに対しても刃物を突き立てようとしたときに、男が力を振り絞って部屋の外へと彼女を追い出してくれた。部屋の外で男と彼女が死闘を繰り広げている間、下を向いて自分のズボンを確かめると、なんと男の血で汚れている。

 
その後、男の悲鳴とともに静寂が訪れ、部屋にゴロゴロと転がってきたのは男の……。さらに笑いながら背後にから迫りくる彼女。眼前に現れた次の瞬間……! 画面はブラックアウトして、こんなスタッフクレジットが表示された。

 
「Produced by Masachika Kawada」

 
そう「KITCHEN」とは「バイオハザード」シリーズのプロデューサーとして知られる川田将央氏を中心としたチームによるProject Morpheusのテックデモだったのだ!

 
開発スタッフの方に話を伺ったところ、やはり恐怖がリアリスティックに感じられることでさまざまなリアクションがあるということ。特に女性は顕著で、大きな声を出しながら本気で怖がっている人が多い……という話にさしかかったときに、突然体験者が叫び出した。

 
「AGGGGHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHH!!!!」

 
5
あまりの衝撃(たぶんゴロゴロシーン)に思わずのけぞる体験者。写真がややブレ気味なのは慌てて撮ったのでごめんなさい。

 
思わず写真を撮る筆者。ちなみに開発スタッフいわく、これくらいのリアクションはよくある方で、中にはイスごと転げ落ちてしまう人もいるのだとか。そのため、例のシーンに近づいたらスタッフ総出で椅子を固定するようになったとか。

 
VRとホラーは親和性が高そうだが、それを高いクオリティで実現し、しかも劇的な体験に仕上げたのはやはりホラーゲームの大手であるカプコンの蓄積によるものといえよう。このテックデモから、どのようなタイトルが仕上がるのか。ぜひ注目していきたい。

 
 
●関連リンク
KITCHEN
SEGA feat. HATSUNE MIKU Project VR Tech DEMO
サマーレッスン

LINEで送る
Pocket