コンドームのオカモト「男女の本音VR」発表 異性の気持ちを体感しコンドーム着用率向上へ

LINEで送る
Pocket

okamoto1
コンドーム国内シェアナンバー1のオカモトは、性感染症や望まない妊娠の予防について考える「LOVERS研究所」より、研究プロジェクト第5弾として「男女の本音VR」を発表した。「性行為前の男女の本当の気持ちが分かればコンドームの着用率が上がるのでは」という仮説のもとで製作された、男女の視点を自由に往復できるドラマ仕立てのVRコンテンツとなっている。

 
日本における性感染症や望まぬ妊娠を予防するべく、2015年12月に設立されたオカモトの「LOVERS研究所」。昨年公開した「PROJECT#02 ゼロワンベルト」は、アジア最大級の広告賞「Spikes Asia 2016」のヘルスケア部門でシルバーを受賞するなど、国内外で注目を集めた。

 
「PROJECT#05 男女の本音VR」は、「性行為前の“男女の本当の気持ち”が分かれば、コンドーム着用率は向上するはず」という仮説のもとで製作された、男女の視点を自由に往復できるVRコンテンツだ。実写かつカメラワークのあるドラマ仕立てのVRコンテンツは製作が難しいとされているが、出演者自身が首装着用コルセットでカメラを身に着ける撮影方法を採用することで実現。男女が入れ替わる記録的大ヒット映画もヒントになったという。

 
okamoto2
okamoto3
【男女の本音VR ストーリー】
同じ会社に勤め、互いに気になる存在だった二人。いつしか恋人として付き合うようになり、会社の飲み会の帰り道に彼の家にいくことに。二人の仲が深まる期待と不安な気持ちが交錯する……。

 
※掲載画像はイメージで、実際のVRコンテンツにはテロップは表示されない。

 
「男女の本音VR」は、正面から左右90度を境に、男女の視点を自由に行き来し、恋愛やコンドームに対する両者の心の葛藤をのぞき見ることができるコンテンツとなっている。スマートフォン装着型VRゴーグル、Oculus Rift、HTC VIVEに加え、スマートフォンブラウザ(縦持ち)でも視聴可能だ。

 
okamoto4
画面の左右いっぱいまで視点を動かすことで、男女の視点が入れ替わり、そのとき相手が何を考えているのかがわかる。ドラマ中、数々の思い出が浮かび上がる回想シーンでは、サムネイルに視点を合わせることでその音声が聞けるようになっている。

 
okamoto5
今回ゲスト研究員として映像監督を務めたのは、映画「君の名は。」の一部CGパートも手掛けている吉野耕平氏。吉野氏によると、まったく違うことを考えている面白さが出るように、男性の心は男性が、女性の心は女性がそれぞれ別々に脚本を書き、最後に擦り合わせているという。また、カメラの映り込みを防ぐためにセリフや動作を全く同じにして「男性目線版」と「女性目線版」をそれぞれ撮影するという、役者にとっても技術スタッフにとっても高い難易度の作品製作に挑んだとのこと。

 
さまざまな試行錯誤や挑戦によって実現した男女の視点を自由に行き来できるドラマ仕立ての実写VRコンテンツ。途中で切り替えながら、何度も楽しむことができそうだ。

 
同社が男女400名の意識調査を行ったところ「過去を含め、コンドームを装着するタイミングで気まずいと思ったことはありますか」という質問に対し、男性の過半数である52%が気まずいと感じたことがあり、逆に女性の約7割は「スマートにコンドームを着けてくれると嬉しい」と感じていることがわかったという。「互いに想いあっているからこそすれ違ってしまう二人をどうにか助けたい」という想いから、今まで知らなかった異性の気持ちが分かるVRコンテンツの開発に着手したとのこと。

 
オカモトの「LOVERS研究所」は、今後も日本人のコンドーム着用率を上げるため、さまざまな研究や開発を行っていきたいとコメントしている。

 
●関連リンク
LOVERS研究所 PROJECT#05 男女の本音VR 特設ページ

LINEで送る
Pocket