XboxブースにAcer「Windows Mixed Reality」開発キットを発見 外観を激写してきた!

LINEで送る
Pocket

GDCのマイクロソフトセッションで電撃発表されたAcer製MRゴーグルの開発キット「Windows Mixed Reality Development Edition」(ニュース記事)。EXPOのサウスホールにあるXboxブースでは、さりげなく実機が展示されていたのでフォトレポートをお届けしよう。

 
WindowsMR00
何気なく歩いていたら緑色のXboxカラーの中にひとつの青い柱が!

 
WindowsMR01
開発キットだ! といっても透明ケースの中に入っているのでさわれないのだが。

 
WindowsMR02
正面。左右に青いシールが貼られた状態のカメラがあることがわかる。

 
WindowsMR04
側面。上を向いているところを見ると、LGのVR開発キットと同様、フリップアップ(跳ね上げ)機構を備えているようだ。この機構のおかげで、VRコンテンツを開発する際に、ゴーグルをつけて外してを繰り返さずに上にあげるだけで済むというメリットがある。

 
WindowsMR05
背面。ひたいに当ててベルトで締める方式のようだ。ちょっと安っぽい(失礼)が開発キットなので仕方ない!?

 
WindowsMR03
がんばって下からのぞいて見たところ、ギザギザが見えたのでフレネルレンズのようだ。

 
「Windows Holographic」改め「Windows Mixed Reality」に名前が変わったPC向けMRゴーグルは、2017年に予定しているWindows 10の「The Creator Update」に合わせて、HP、ASUS、LENOVO、DELL、ACER、3Glassesの6社がリリース予定だ。昨年の時点では299ドル(約3万4000円)からというニュースもあったが、この辺、メーカーによって価格や性能差が大きく分かれそうだ。

 
ハイエンドVRが、Oculus Rift/HTC VIVE/PlayStation VRという三つ巴の戦いだった2016年を経て、2017年はさらに多くの陣営がVRゴーグルを投入してきて戦国時代のような覇権争いが展開されるだろう。

 
(TEXT by Minoru Hirota

 
 
●関連リンク
Windows Mixed Reality
GDC 2017

LINEで送る
Pocket