OcuFes Summer2015が8/24に開催 場所は過去最大500平米のベルサール秋葉原

LINEで送る
Pocket

01
バーチャルリアリティーコンテンツの開発者を中心としたNPO法人「OcuFes」は27日、8月24日に東京・秋葉原にてVRコンテンツの展示イベント「OcuFes Summer2015」を開催することを発表した。出展料/入場料ともに無料(!!)となる。

 
02
OcuFesは、2013年8月から日本でVRコンテンツの展示を実施してきた開発者の集まりだ。過去には六本木ブルーシアターや日本未来館などで実施し、数百人を超える多くの来場者を集めてきた。今回は、ベルサール秋葉原の2階ホールAを貸し切って、過去最大の展示スペースとなる500平米を用意する。

 
akihabara_2f - コピー
エリアは、ハコスコや物販、Oculus以外の展示を含む「全年齢ゾーン」、Oculus RiftやGear VRなどを体験できる「R13ゾーン」、イスに座らなかったりセクシャルなものを展示する「実験ゾーン」の3種類に分かれている。

 
OcuFesによれば、出展ブース数は40ほどを予定しているとのこと。平日だが料金は無料なので、ぜひ出展を申し込んで自身のVRコンテンツを出展してアピールしてみてはいかがだろう。また、VRコンテンツに興味があって体験したい方も、国内では過去最大級の展示数となるまたとない機会なのでぜひ参加してみよう。ちなみにOcuFesでは企業スポンサーも募集とのことなので、こちらもぜひ支援すべし!

 
 
●関連リンク
OcuFes Summer2015
OcuFes

LINEで送る
Pocket