アイデアクラウド、VR×プロジェクションマッピングアート作品「RELATIVITY / 相対性」発表

LINEで送る
Pocket

ideacloud_vrart
アイデアクラウドは、VRとプロジェクションマッピングの技術を利用したアート作品「VRインスタレーションアート」として「RELATIVITY / 相対性」を発表した。VR上とプロジェクションマッピングで映し出された光が交わり、新しい体験を生み出すデジタルアート作品となっている。

 
「RELATIVITY / 相対性」は、VRとプロジェクションマッピングの技術を利用し、体験者が自ら光と音の空間を進んでいく「VRインスタレーションアート」だ。VR空間上での操作によって加速し、光の点は線となって「場」を形成していく。

 
同社によると、「光」「音」は、自分自身があって初めて認識するもの、または他者・自分以外のモノを通して認知され気がつくモノで、光・音を感じる空間を「RELATIVITY(相対性)」と定義付け、それを表現する作品を制作したという。

 
「RELATIVITY / 相対性」では、プロジェクションマッピングに映し出された映像によって、観覧者も体験者と少し異なる体験が可能となっている。体験者・観覧者それぞれの立ち位置によって見え方が異なるという面も、自分と空間以外の一つの「RELATIVITY(相対性)」として表現されている。

 

 
同社は今後も、VR/MR/プロジェクションマッピングなどを活かし、クライアントワークのみに留まらず、作品を展開し、展示会の開催などを計画・実施していきたいとしている。

 
●VRインスタレーションアート「RELATIVITY / 相対性」
・プロジェクトメンバー:
 - iDEACLOUD inc.
 - 長屋光(デベロッパー・メディアアート)
 - 松下勇輝(デベロッパー)
 - 田中義弘(アートディレクション)

 
●関連リンク
VRインスタレーションアート「RELATIVITY / 相対性」 作品紹介ページ
アイデアクラウド VR事業 紹介サイト
アイデアクラウド プロジェクションマッピング事業 紹介サイト
アイデアクラウド ウェブサイト

LINEで送る
Pocket