NHKエンタープライズら4社共同、「8K:VRライド featuring “Tokyo Victory”」を発表

LINEで送る
Pocket

nhk_8kvrride
NHKエンタープライズ、 NHKメディアテクノロジー、レコチョク(レコチョク・ラボ)、WONDER VISION TECHNO LABORATORYの4社は、米国テキサス州オースティンにて開催される「SXSW 2017」にて、“8K+ドーム型ワイドスクリーン+モーションライド+5.1ch”による、世界初の8Kモーションライド「8K:VRライド featuring “Tokyo Victory”」を出展する。

 
「8K:VRライド featuring “Tokyo Victory”」は、東京をテーマに過去から現在、そして2020年に向かう様子を、時空移動しながら、8Kの実写とCGを組み合わせた映像をドーム型ワイドスクリーンとモーションライドで体感するコンテンツだ。音楽には、日本を代表するバンド・サザンオールスターズの楽曲である「東京VICTORY」が使用され、ゴーグルなどを使わずに“TOKYOバーチャル体験”を実現する。

 
「8K:VR」は、NHKエンタープライズとNHKメディアテクノロジーが共同開発したコンセプトだ。次世代テレビ放送規格「8Kスーパーハイビジョン」に3D映像技術を組み合わせた「8K+3D+22.2ch」による、世界初の「8K:VR」作品を共同制作。リアルな3D映像に加えて、迫力の360度音響やレーザー照明演出などを融合し、斬新なエンターテイメント体験としてデザインされている。昨年3月の「SXSW 2016」に「8K:VRシアター」として出展され「ゴーグルを使わないVR体験」として注目を集めた。「2016年度グッドデザイン賞」「Innovative Technologies2016選考委員特別賞」「ルミエール・ジャパン・アワード2016 3D部門グランプリ」を受賞している。

 
「8K:VRライド」はその進化版として企画された。「8K+ドーム型ワイドスクリーン+モーションライド+5.1ch」によって、「8K:VRシアター」と同じくゴーグルなしのVR体験を実現。ここに、本格的ライブVRコンテンツの撮影・制作などのVRコンテンツの研究開発を行なっているレコチョク・ラボも、新しい音楽体験コンテンツとして関心を持ち、プロジェクトに参加。「8K:VRライド」の基盤となる映像システム「Sphere 5.2」を開発するWONDER VISION TECHNO LABORATORYとの4社でコンテンツが共同開発された。

 
「Sphere 5.2」は、幅5.2m、高さ3.4m、奥行き2.6mのドーム型ワイドスクリーンに、4Kまたは8Kの映像をプロジェクション投射できる映像システムだ。このシステムに8K対応プロジェクターと、電動6軸モーションベースを組み合わせて、世界初の8K映像によるモーションライドを実現している。

 
「SXSW 2017(サウス・バイ・サウスウエスト2017)」では、3月12日~15日の4日間、オースティン・コンベンション・センターで開催される、先端技術・サービスのショーケース「トレードショー」にて展開予定。

 
●関連リンク
8K:VR 公式サイト
NHKエンタープライズ ウェブサイト
NHKメディアテクノロジー ウェブサイト
レコチョク・ラボ ウェブサイト
WONDER VISION TECHNO LABORATORY ウェブサイト
SXSW 公式サイト

LINEで送る
Pocket