レゴブロックで部屋を作ってOculusで歩ける「GRID VRICK」

LINEで送る
Pocket

不動産情報サイト「HOME’S」を運営するネクストが、エンジニアブログにてOculus Rift対応の部屋作りシミュレーター「GRID VRICK」を紹介しています。

 

板の上にレゴブロックを置いて、間取りを作ったり、家具を配置すると、PC側の3D映像に再現されるという仕組み。配置を思考錯誤した後に、壁紙や扉、窓、家具のデザインを変更して、最後にOculus Riftで実際に作った部屋に入り込んで、でき上がりを見られます。

 

01

02

 

リアルとバーチャルを組み合わせた実用的なコンテンツで、年が明けてからの引っ越しの季節に役立ちそう。マンションや戸建てを買うときにも、家具のシミュレーションができて便利ですね。

 

このGRID VRICKは、11月23、24日に東京国際展示場にて開催するものづくりのお祭り「Maker Faire Tokyo 2014」(西3ホール 21-6)にて展示するとのことなので、ぜひチェックしてみましょう。

 
 

●関連リンク
LEGO(R)のブロックで作った室内をOculus Riftでウォークスルー!「GRID VRICK」
HOME’S

 

LINEで送る
Pocket