銃を撃ちまくるカ・イ・カ・ン!「The London Heist Getaway」を試遊した【Morpheus体験】

LINEで送る
Pocket

00
どもども、PANORAの広田です。VRヘッドマウントディスプレー「Project Morpheus」のインプレッション2本目は、SCEが手掛けたガンアクションデモの「The London Heist Getaway」(ロンドン・ハイスト・ゲッタウェイ)をご紹介。1本目に取り上げた「The PlayRoom VR」が怪獣から逃げるロボットものなら、こちらは追っ手の車やバイクを撃ちまくって逃げる内容です。

 
同作の面白さを端的に表すなら、銃を撃つ気持ちよさにあります。

 
ちょっとさかのぼりますが、The London Heist Getawayには、今年3月の「GDC 2015」にてお披露目された「The London Heist」という前作があります。こちらもモーションコントローラー「PS Move」を使ったガンアクションがポイントでした。PS Moveを手として操って、バーチャル世界に干渉できるのです。

 
舞台は洋館の中。プレイヤーが、PS Moveのトリガーを引きながら手前に動かすと、ゲーム中のテーブルにある引き出しを漁れます。拳銃を見つけたら片手でピックアップ。さらにマガジンを発見し、もう一方の手でつまんで拳銃に近づけると、リロードされるのが新鮮でした。いくらゲームセンターにあるモデルガンを使ったガンシューティングでも、ここまでリアルにリロードは再現できないですよね。

 
敵が撃ってきたら、実際にしゃがんでバーチャルのテーブルに身を隠すというアクションも目を引きます。本気で遊んでると、避けるたびにスクワット状態になってももが痛い。まさに「VRは筋肉」の格言通り。

 
1
The London Heist。一部では前半のスキンヘッドおじさんが怒って迫ってくるムービー部分が有名ですね。

 
2
しかし真髄は後半のガンアクションパートなのです。

 
そうした前作のガンアクション要素をさらに強めたのが、本作の「Getaway」です。ゲームを始めると、プレイヤーは高速道路とおぼしき道をぶっ飛ばしているワゴン車の助手席に座っています。右隣を見ると、前作のムービー部分で自分を脅していたスキンヘッドおじさんがハンドルを握ってます。

 
運転席と助手席の間を見ると、マガジンが詰まったバッグがドン。PS Moveで手を伸ばしてグローブボックスを開けると、ここにもマガジンが見つかりました。ほかにもコーラ缶を拾って投げたり、エアコンの排気口や助手席のドアを開け閉めできたりと、ゲームの本筋とは関係ないところで遊べるように車内を作り込んでいるのが細かいです。

 
そうこうしているうちに追っ手がやってきて、プレイヤーの車を打ちまくります。「イテテテ」と思っているのもそこそこに、拳銃を取って応戦することに。前作と違って敵は車やバイクに乗って動き回っているのでやや当てにくい感じです。

 
3
こんな感じで車やバイクから銃撃されまくります。

 
トリガーを引きっぱなしで連射して敵を落とそうとすると、すぐに弾が尽きてしまうので、ひたすらリロードすることになりますが、そのマガジンを探して詰めるという一連の動作もゲームの緊張感を増すのに一役買ってくれます。筆者は行き当たりばったりで弾が尽きてから探してましたが、あらかじめ片手にマガジンを握っておく慎重派な方もいました。性格が出ますね。

 
6
敵がわらわら湧きまくります。弾持ってこい、弾!

 
説明員の方からこっそり「タイヤを撃つといいですよ」とコツを教えてもらうと、これがまたはかどる! タイヤに穴を開けて、同乗者もろとも一気に撃沈できると、「ヒャッハー!」と叫んでスキンヘッドおじさんとハイタッチしたくなります。

 
4
まぁバーチャルに触れないんですけどね。しかしスキンヘッドおじさんは仲間だったんだ……。ちなみにおじさんは打ちまくっても死にません。強い。

 
そう、これって映画でよくあるカーチェイスのシーンそのままなんですよね。

 
最近で言えば「マッドマックス 怒りのデス・ロード」ですかね? 例えば、サイドミラーで隣につけた改造車をチラ見して身を乗り出して撃ちまくったり、扉に飛びついたウォーボーイズを拳で殴って落したりするような応用がすぐにでもできそうです。

 
Morphesuの3Dオーディオ技術を使って、上から異音がすると思って見上げたら、いきなり屋根から敵が襲ってきた……なんてシーンもつくれるでしょう。突然やられたら、確実に叫び声をあげる自信があります。

 
3、4年後には、大声を聞いて部屋に駆けつけたら、そこにはVRHMDとヘッドホンをつけながらチビっている男が……というマッポーめいた事案が起こっていそうです。個人的には、マイク(ファミコンのIIコン!)を使ってガソリン吹きスピード合戦とかやってみたいなぁ。

 
カーアクション映画がゲーム化される際には、VRがかなり有力な選択肢になるはず。そんな想像が膨らむ「The London Heist Getaway」のデモを見つけた際には、ぜひ遊んでみてください。

 
 
●関連リンク
Project Morpheus(ニュースリリース)
VRシステム”モーフィアスをやってみた!” 15のデモを怒濤のプレイインプレッション!【E3 2015】

LINEで送る
Pocket